あぐらがかけない、足のつけ根の内側が痛い、股関節痛の5つの原因と対処法

股関節の痛みとは

股関節の痛みは大きく分けると2つあります。

 

1つは股関節の奥に痛みがある場合です。

これには、先天性股関節脱臼、ペルテス病、大体骨頭の亜脱臼、

大腿骨頭虚血性壊死、退行性病変(老化)、股関節の歪みです。

 

もう1つは股関節の表面に痛みがある場合です。

股関節を取り巻く筋肉などが炎症を起こしていることが多いのですが

腸骨恥骨滑液胞炎、腸腰筋炎・大体筋膜張筋炎(腸脛靭帯炎)、

股関節の人工関節手術などがあげられます。

 

接骨院や整体で治療できるのは関節の歪みと筋肉の炎症です。

病院でレントゲンをとっても異常なしと告げられることがほとんどです。

今回は上記について詳しく解説していきます。

股関節のゆがみ

股関節は電球とソケットのような構造をしていています。

よく脱臼する肩関節のように関節が浅くなく深いです。

つまり、歪みにくいけど、いちど歪むと元に戻りにくいのが

特徴です。

 

股関節は上下左右に歪むのですが、それよりも

足のつけ根の骨が突き上げられて股関節の隙間が狭くなる

ことが多いです。

 

関節は隙間があることによって自由に動くことができるのですが

隙間が狭いと骨と骨同士が衝突して可動範囲が狭くなります。

また、関節の隙間には滑液という潤滑油の役割をする液体が

あるのですが、この滑液が少ないと関節の滑りが悪くなり摩擦を

起こして炎症を起こします。

 

股関節がゆがんでいるかどうかが分かる方法は

上記の写真のように仰向きになって片膝を曲げて

横に倒します。

 

この時に横に倒れない、引っかかる感じがある場合は

股関節に問題がある可能性が高いです。

奥が痛い場合は股関節のゆがみ、表面が痛い場合は

筋肉の炎症が考えらえます。

 

対処法は股関節の牽引です。

仰向きで寝て痛みのある股関節の足を膝を伸ばしたまま

真っ直ぐ上にあげます。足が止まったところで半分下に下げます。

 

さらにその位置から外側へ足を横へ広げます。止った位置から

半分戻します。最後に足首を外側へ回して、止まったところで

半分戻します。

 

ここから、足首をもって後方へ少し牽引をしてまた少し戻して、

また牽引して少し戻しての動作を繰り返します。

 

これによって股関節の隙間が広がり、潤滑油の役割である

滑液が流れ込んで股関節がスムーズに動くようになります。

骨盤のゆがみ

なぜ骨盤の歪みが股関節痛みに関係している

かといいますと、股関節は骨盤にあるからです。

 

太ももの中にある大腿骨という骨が骨盤に

くっついています。この部分が股関節です。

 

骨盤の動きによって股関節は連動して動くので

骨盤がゆがむと股関節も歪みます。

 

股関節を治療しても全然よくなららない場合は

骨盤のゆがみが骨盤が歪んでいる可能性があります。

 

骨盤のゆがみは前後上下に歪みますが

それよりも大事なのは骨盤の関節である仙腸関節の

可動範囲が小さいか大きいかです。

 

仙腸関節の可動範囲が正常範囲よりも大きいと

グラグラな状態なので、たとえ歪んでいたとしても

矯正はしません。

 

よくあるのは、股関節が痛くて接骨院や整体に行ったら

 

「骨盤の歪みが原因だと言われて、骨盤矯正をして

もらったのですが、股関節が余計に痛くなりました」

 

というケースがあります。

 

これが仙腸関節がゆるいのにもかかわらず矯正

してしまった場合です。

 

骨盤の関節がさらにグラグラになるので、

股関節も不安定になり、関節内で摩擦が生じて痛くなったり、

ゆるんでいる股関節を固定するために周囲の筋肉が

過剰に働いて過緊張してしまいます。

 

骨盤のゆがみの対処法は自分では難しいので

骨盤の関節である仙腸関節の動きをしっかりチェックしてくれる

接骨院や整体で治療を受けることをお勧めします。

股関節にくっついている筋肉の緊張

股関節に付着している筋肉は2つあります。

 

ひとつは腰・骨盤から足のつけ根にある腸腰筋という

筋肉。もう1つはお尻の筋肉である梨状筋という筋肉です。

 

この2つの筋肉が緊張すると太ももの骨である

大腿骨を上に引っ張り上げるので、股関節の隙間が

狭くなり摩擦が生じて炎症が起きて痛みが出ます。

 

立ち仕事の人、激しいスポーツをする人、自転車によく乗る人

ジムやプールで運動をする人は上記の筋肉が緊張しやすいです。

 

対処法はストレッチです。下記の動画を参考にして下さい。

腸腰筋のストレッチ

梨状筋のストレッチ

膝関節の変形(o脚)

若者のO脚は股関節にそれほど影響を与えませんが

高齢者の変形性膝関節症などによるO脚は股関節に

影響を与えます。

 

その理由は膝関節の動きが固定されてしまうからです。

骨盤と同じで膝関節も股関節と連動して動いています。

 

膝関節の動きが悪いと股関節の動きが悪くなり

痛みを伴うようになります。よくあるのが、変形性膝関節症になって

O脚になってしまい、歩行困難になったり、ひどいと寝たきりになって

しまいます。骨は刺激がないともろくなるので、歩かないと股関節が

変形したり、骨折したりして人工関節の手術をすることになります。

 

そうならないためにも、変形による0脚を予防するために

歩いたり、積極的に病院でのリハビリや接骨院での治療を

受けることをお勧めします。

 

骨が変形してしまってからでは遅いです。カルシウムなどの

サプリメントを取っているから大丈夫と思っている人もいるかも

しれませんが、運動をしなければ骨は丈夫にはなりませn。

 

変形性によるO脚になっているかどうかは病院でレントゲンを

撮ればわかりますので気になる方は一度、撮って確認することを

お勧めします。

偏平足

意外かもしれませんが、骨盤、股関節、膝関節を治療しても

股関節痛が治らない、軽減しない場合は偏平足が原因して

いることがあります。

 

偏平足とはべた足のことですが、この偏平足になると

地面や床からの衝撃が股関節へ伝わりやすくなります。

 

一般的な足は、アーチがあるので、これがスプリングをの役割をして

下からの衝撃を吸収してくれます。

 

アーチがない偏平足は下からの衝撃がダイレクトに股関節に

伝わるので、下から突き上げられて股関節の隙間が狭くなり

摩擦が生じて痛みを生じさせます。

 

対処法としては土踏まずがある靴を履くということです。

お勧めなのはニューバランス(NB)の靴がお勧めです。

他の靴と比べて土踏まずの構造がしっかりしているからです。

 

できれば、自宅でも裸足ではなくスリッパを吐くと

痛みが早く軽減します。お勧めなのはホーキンスのサンダルです。

ニューバランス(NB)の靴と同じで他のサンダルと比べて土踏まずの

構造がしっかりしています。

まとめ

股関節が痛い人は早く処置をすれば早くなります。

ですが、我慢したまま放置して、歩くのが困難になって

から治療を開始しても治るに時間がかかります。

 

股関節は他の関節と違って皮膚からは触れない関節です。

そのため直接アプローチができないため、治療がとても

難しいです。

 

一度悪くなると、慢性化しやすいので、階段の上り下りの時に

足のつけ根がひっかかる、足を引きづって歩く、あぐらがかけない

場合は直ぐに病院で診てもらいましょう。

 

股関節は歩くうえでとても大切です。もしも、慢性的な股関節があり

歳をとっても元気に働きたい、動きたいのであれば定期的に

股関節の治療を受けることをお勧めします。