春日井市 病院や接骨院に通院しても背中の痛みや腕のしびれが消えない交通事故の後遺症の原因とは

なぜ、交通事故の後遺症は治らないの?

交通事故にあってむちうちなど首や腰を痛めると

まず病院で検査を受けます。最初に行うのは

レントゲン写真ですが、これは骨折しているか

どうかの確認です。もしも骨折していなければ、

打撲や捻挫として診断されることが多いです。

 

手に力が入らない、足が動かない、手足の

感覚がないなどの症状がはっきり出ている

場合はMRI写真を撮って神経が損傷されて

いないかチェックしています。

 

ですが、軽度の痛みやしびれはMRI写真を

撮らずに痛み止めの薬と湿布、頸椎カラーなどの

コルセットを渡されて治療が終わってしまうことが

あります。

 

今回は交通事故の症状で、軽度の痛みやしびれが

病院や接骨院に通っても治らない理由について

解説していきたいと思います。

  • 腕の外側や背中が痛い、しびれる
  • 痛み止めの薬や湿布を貼っても効かない
  • 首のつけ根が痛い
  • 下を向くと痛みやしびれが出る
  • レントゲン写真では異常なし

病院での治療

病院での治療は大きく分けて2つあります。

1つは保存的療法、もう1つは理学療法です。

 

レントゲン写真で異常がなく、症状も軽度であれば

安静にして様子を見ることになります。その時に

ロキソニンなどの痛み止めの薬や湿布が処方されます。

 

痛みがあり、苦痛であれば患部に注射をうち

コルセットで固定することになります。

 

神経に損傷がなく、症状が軽度であれば、保存療法で

治ることもありますが、時間がかかったり、変化がない、

悪化することもあります。

 

通院して何度も注射をうったり、痛み止めや湿布を

貼っても治らない場合は理学療法に切り替わることがあります。

 

理学療法とは理学療法士によるリハビリです。

温熱や電気を当てたり、動作能力の回復を図るために

理学療法士と一緒に体操や運動、ストレッチを行ったり

マッサージを受けることができます。

 

関節のゆがみにより、関節の可動域が減少していたり

交通事故によって筋肉が緊張している場合はとても

効果があります。

 

ただし、リハビリ時間が短いことが多いので

通院日数が多くなり治療期間が長くなる傾向に

あります。

接骨院での治療

整形外科などの病院でリハビリを受けても

治療時間が短時間で効果がないと思われた方は

接骨院へ転院することがあります。

 

接骨院のメリットはしっかり個別対応してくれる

くれることです。病院では分からなかった痛みやしびれの

根本的な原因を探り、的確な治療を行ってくれます。

 

ただし、すべての接骨院がそうではなく患者さんが多い

接骨院では病院と同じで電気を当てて短時間の

マッサージで終わってしまうことがあります。

 

病院からの転院の場合、レントゲンで異常がないと

伝えると再検査を行わず、病院の治療を引き継ぐ傾向に

あります。マッサージなど治療期間が長くなることは

ありますが、根本的な原因が分からないまま施術を

行うので一時的に良くなっても根本的に治ることは

少ないです。

 

病院でのレントゲンで異常なしと診断されても

痛みやしびれがある場合は、必ず何らかの原因が

あります。それが分からなければ患部だけを治療しても

症状が改善することが少ないです。特に、痛みやしびれが

長引いている場合は痛みやしびれの場所と原因が一致する

ことはほとんどありません。

 

もしも患部に原因があるならば、患部の治療を受けていれば

直ぐに良くなるからです。接骨院に通院しても良くならない、

治らない場合は痛みやしびれの原因がどこからきているのか

知る必要があります。

背中の痛みや腕のしびれが消えない交通事故の後遺症の原因とは

本題に入りますが、交通事故によって背中や腕の痛みやしびれが

出ている場合は首に問題があることが多いです。

特に、背中に痛みやしびれが出ている場合は頸椎ヘルニアの

可能性が高いです。

 

症状が軽いと腕や背中をストレッチしたり、マッサージして治療が

終わってしまいます。根本的な原因が首にあるので、首の施術を

行わなければ症状は改善しません。

 

腕や背中の痛みやしびれで何度も接骨院や病院へ通っても

治らないのはそのためです。

 

首や背中の痛みやしびれで考えられる原因は

 

・筋肉の緊張(斜角筋症候群)

・骨のゆがみ(椎間孔狭窄症)

・神経の圧迫(頸椎ヘルニア)

 

があげられます。

 

もしも交通事故にあわれて、治療を受けても

腕や背中の痛みやしびれが消えない場合は

首のMRI写真、首の検査を受けることをお勧めします。

まとめ

交通事故の後遺症で背中の痛みや腕のしびれが消えなくて

病院や接骨院に何回も通院しても治らない患者さんを

多く診てきました。

 

気になるのが、症状が軽い場合は対処療法といって

痛い部分しか治療せず、他の部位を治療を行わない

ことです。

 

腕が痛いとき、腕に原因があることもありますが

他の部位に原因があることも事実です。

 

ですので、痛みやしびれがどこからきているのか

徹底的に検査を行って見つけ出すことが治療よりも

大切です。

 

原因が分からないままに治療を行っても

通院回数が増えるだけで時間とコストの無駄になります。

 

患者さんは、素人などで先生の言うことを真面目に

聞いて通院しますが、もしも症状が一向に改善しない

治らない場合はセカンドオピニオンをお勧めします。

 

治療が長引けば長引くほど、治りが悪くなります。

早期治療が大切ですば、早期原因発見が最も

重要であることを覚えておいて下さい。