肩や腕が上がらないのは四十肩・五十肩!?教えます!その原因と対処法

朝起きたら、腕が上がらなくて・・・

朝起きたら、

 

「うん!?腕が上がらないぞ。昨日までは普通に

上がっていたのに、これが五十肩っていうやつなのかな。

動かさなければ痛みはないけど、着替えをするとき

肩の奥や腕の外側が痛くて困ったなぁ~」

 

って経験がある方はいると思います。四十肩、五十肩は

突然起きることは少なく、肩こりがひどくなってきたり

首から肩にかけて疲労が蓄積していたり、肩がだるい

状態が続いていたり、腕が重たい日々が続いていたり

運動不足などによって発症することがほとんどです。

 

四十肩。五十肩の原因としては使い過ぎや

老化現象で起きると言われています。今回は

その原因や症状、見分け方や対策について

解説していきたいと思います。

  • 腕が痛くて上がらない
  • 着替えができない
  • 肩よりも上の物をとることが困難
  • 肩や腕を使い過ぎると後から痛みが出る
  • 寝ているときに痛くて目が覚める

五十肩と四十肩の違いとは?

結論から言いますと違いはありません。

 

「先生、私って四十肩?、それとも五十肩?」

 

ってよく聞かれますが、同じなんですね。

 

40代の方に多いから四十肩、50代の方に多いから

五十肩と言われているだけなんです。でも、30代で

なる人もいれば60代、70代でなる人もいます。

 

年齢によって名称を変えてしまったことによって

紛らわしくなったのですが、あえて違いをいうならば

四十肩は使い過ぎによって起き、五十肩は老化に

よって起きると思っています。

四十肩、五十肩は病院で診断を受けると「肩関節周囲炎」と診断されます。

「先生、五十肩と思って病院で診てもらったら

病名は肩関節周囲炎だと言われました」

 

四十肩、五十肩は病名ではなく、肩関節周囲炎という

ちょっとややこしい病名です。整形外科などの病院で

患者さんに説明するときは病名で伝えても分かりづらいので

肩が上がらなくて痛いと、四十肩、五十肩と伝えられることが

ほとんどです。他にも凍結肩と診断される場合もあります。

 

病名の通り、肩の関節周囲が炎症を起こしてしまって

肩が固まってしまった状態のことをいいます。英語では

「フローズンショルダー」といって凍ってしまった肩って

ことです。

 

肩関節はゴルフボールとティーの関係です。ゴルフボールが

腕のつけ根にあたり、ティーが受け皿になります。肩関節が

よく脱臼するのは関節が浅いからです。昭和の大横綱、

ウルフこと千代の富士がよく脱臼を起こして、再発しないように

肩関節の周囲の筋肉を鍛えていたことは有名な話です。

 

使い過ぎや老化によって肩関節を固定している筋肉群(腱板)、

肩関節を包んでいる関節包、関節の固定している靭帯が

弱くなって硬直し肩関節の安定性が崩れ炎症を起こし

動かすと痛みを伴います。

 

肩関節が炎症し続けると肩を硬直させる物質が放出されて

動きが制限されてしまい四十肩、五十肩になります。

(専門的にはミトコンドリアという細胞が炎症によって

活性化されてATPという物質を放出して、これが

肩関節を強直させます)

四十肩、五十肩の見分け方

肩が痛い、腕が上がらない時自分が四十肩、五十肩なのか

病院へ診てもらわなくても分かる方法があります。

 

その前に、肩が痛くなくても腕が上がらない

場合は四十肩、五十肩の疑いがあります。逆に

肩が痛くても腕が上がる場合は四十肩、五十肩では

ありません。

 

見分け方は簡単です。

手の平を下にして横から肘を伸ばして耳につくように

上げていきます。痛みがあっても腕が耳の横まで

上がれば四十肩、五十肩ではありません。

 

 手の平を下にして腕が上がらなかったとします。

次に手の平を上にしてあげてみます。これで腕が

上がるようであれば四十肩、五十肩ではなく

インピンチメント症候群(挟み込み症候群)という

病名の疑いがありますが、四十肩、五十肩よりも

治りが早いです。

 

手の平を上にしても下にしても腕が上がらない

場合は四十肩、五十肩の可能性が非常に高いです。

痛みがなくても同じです。

四十肩、五十肩の対処法

意外かもしれませんが氷水によるアイシングが一番効果があります。

「えつ!」って思う方も多いと思います。なぜなら医学のテレビ番組や

健康雑誌、CM、病院や接骨院で温めたほうがいいと耳にしたことが

あるからです。

 

復習になりますが、五十肩は肩関節周囲炎といって炎症です。

炎症ということは肩の中で火事が起きている状態です。火事が起きている

のに温めたらどうなりますか?そうです。火に油を注ぐことになります。

欧米での医療機関では四十肩・五十肩の治療は必ず氷水による

アイシングが行われます。炎症を鎮静させるだけでなく、肩関節を

硬直させる細胞の活性化を抑える効果もあるからです。

 

日本では昔から温泉などの温熱療法で温めることが、どんな

疾患にも良いと思われていますが、炎症が起きている急性期は

冷やすことが最優先です。炎症がおさまって痛みが消え慢性期に

入ったら温めても大丈夫です。もしも、冷やしていいのか、

温めていいのか分からない場合は冷やしてください。

理由は間違って冷やしても悪化することはないからです。

 

アイシング方法は冷湿布やアイスノン、アイスパックで

冷やす方もいますが、必ず氷水で患部を10分間冷やして

下さい。理由は四十肩、五十肩は肩の奥で炎症が

起きているので、氷水で冷やすと奥まで冷たさが伝わるからです。

また、湿布と違って冷却効果が長時間持続します。

 

まとめ

四十肩も五十肩も同じであることを解説してきましたが、

お分かりして頂けたでしょうか?

復習になりますが、

 

四十肩=五十肩=肩関節周囲炎

 

でしたよね。

 

四十肩、五十肩の方が当院では多数来院していますが、

現場での経験から慢性化すると他の疾患と違って

治療期間が長くなります。

 

四十肩、五十肩の初期は肩こりと間違えやすいので

自分で気づくことは少ないです。痛みがなくても

腕が少しでも上げづらい、引っかかる感じがあれば

直ぐに整形外科などの病院で診てもらうことをお勧めします。

 

四十肩、五十肩は我慢した期間だけ、治療も時間がかかると

言われています。特に夜間痛がある方は重症ですので

直ぐに病院へ行って治療を開始して下さい。

 

よく、何もしなれば自然に治ると言われています。

たしかに時間が経てば痛みは消えるかもしれませんが、

関節の可動域は制限されて、以前のように腕を上げることが

できなくなる恐れがあります。ですので積極的に治療を

続けることが大切です。

 

五十肩、四十肩で悩んでいる、困っている方がこの記事を読んで

少しでもお役に立てたなら嬉しいです。