立って歩いても腰が痛い、座っても腰が痛い!この痛みの原因は脊柱管狭窄症、それともヘルニア?

数ヶ月前から右の腰から太ももが痛くなり、その後左の腰が痛くなった。

数ヶ月前から右の腰から太股にかけて違和感があり、

でも我慢できる範囲だったので何もしないでいた。

それが数週間前からいつも散歩していた距離を

歩けなくなってしまい、歩いては休んでの繰り返しで

倍以上の時間がかかってしまった。

 

これはおかしいと思い、整形外科でレントゲンを

撮ってもらっても異常なしと言われた。

立っていても痛みが出るようになり、数週間後

今度は左の腰がズキズキ痛みだした。

 

立っているときや歩いているときは右の腰から

太股にかけて鈍痛があり、座っているときは

左腰にするどい痛みがある。

 

これって、一体身体の中でどうなっているのか

心配になり、自分の症状に当てはまりそうなことが

書いてあった接骨院で見てもらうことにした。

接骨院で脊柱管狭窄症とヘルニアと言われた

接骨院で自分の身体の状態がどうなっているのか

知りたかった。先生に問診、触診、検査をしてもらい

その結果

 

「右の腰は脊柱管狭窄症、左の腰はヘルニアの疑いがありますね」

 

と言われた。さらに先生は詳しく説明してくれて

 

「脊柱管狭窄症の原因の多くは老化現象で

立っているときや歩いているときに神経を圧迫して

痛みが出て、座っているとは神経は圧迫されにくいので

楽になるのが特徴です」

 

と先生は模型を使って説明してくれたので

分かりやすかった。

 

「左の腰は右の腰をかばって長時間座っていることが

多くなったためにヘルニアになってしまった可能性が高いです。

ヘルニアは座っているときに神経を圧迫しやすいので痛みが

出ますが、立っているときや歩いているときは神経は

圧迫されにくいので楽になるのが特徴です」

 

そうだったのか。だから右の腰の痛みと左の腰の痛みの

感じが違っていたのか。

 

今は右よりも左の腰が痛いことを先生に伝え

左の腰はヘルニアの施術、右は脊柱管狭窄症の

施術をしてもらった。

脊柱管狭窄症とヘルニアは同時に起きていることが多い

現場では脊柱管狭窄症だけとかヘルニアだけとかは

珍しく混合している方が多いです。

 

特に病院でリハビリを続けてもよくならない人は

この傾向にあります。

 

脊柱管狭窄症とヘルニアが混合している場合は

施術はとても難しくなります。その理由は施術方法が

全く逆だからです。

 

どういうことかといいますと脊柱管狭窄症は

腰を丸める施術になり、ヘルニアは腰を反らす施術に

なるからです。

 

どちらの施術を選択するかは、どちらの痛みが強いかで

判断します。上記の患者さんは脊柱管狭窄症よりも

ヘルニアの痛みが強かったので腰を反らすような施術を

行いました。

 

どちらかというとヘルニアの痛みのほうがつらい、耐えられない

ことが多く、脊柱管狭窄症の方が我慢できる痛みです。

 

神経の圧迫が強くなると腰の痛みが下へ下がって

太股、ふくらはぎ、足へと移動していきます。

対処法

脊柱管狭窄症とヘルニアが同時に発症している

場合の自分で行う対処法です。

 

症状にもよりますが、最初にヘルニアがよくなる

ストレッチ(動画)を行ってから脊柱管狭窄症がよくなる

ストレッチ(動画)を行います。この順番が大事です。

 

ヘルニアのストレッチは腰を反らすストレッチになります。

反らすことによって、後ろへ飛び出した椎間板が前に移動して

神経の圧迫が軽減します。

 

症状がひどい場合にはストレッチは行わいで下さい。

ストレッチができても痛みが出る場合にはまだ行わないで

下さい。まだ、やる段階ではありません。

 

ヘルニアのストレッチが終わったら、今度は

脊柱管狭窄症のストレッチを行います。この時に

大切なことは必ず痛みが出ている側だけストレッチを

行ってください。左右両側を行う必要はありません。

(右側であれば右足を曲げる)

 

脊柱管狭窄症のストレッチはヘルニアを悪化させる

ことがありますので、必ず痛みのない範囲で行ってください。

もしも、痛みが出た場合は直ぐに中止して下さい。

 

よく痛みを我慢して行う人もいますが、痛みが出ている

ということは良くない方向へ向かっているということなので

注意して下さい。

まとめ

中年から高齢者になると単純なヘルニア、

もしくは脊柱管狭窄症はあまり見られません。

 

混合といって両方出ていることが現場では

多いです。ですので病院でヘルニアと言われても

脊柱管狭窄症になっていたり、脊柱管狭窄症と言われても

ヘルニアになっていることがあるわけです。

 

両方出ている患者さんの手技による施術は

とてもに難しいです。

まず、どちらが症状が強いのか確認します。

 

脊柱管狭窄症の症状がヘルニアよりもひどい場合には

脊柱管狭窄症の施術をメインに行い、ヘルニアの症状が

強い場合にはヘルニアの施術をメインに行います。

 

脊柱管狭窄症はどちらかというと慢性的な疾患で

我慢できない痛みではないことが多いです。

 

椎間板ヘルニアはどちらかというと急性的な疾患で

我慢できない痛みであることが多いです。

 

脊柱管狭窄症の特徴的な症状は歩くと腰からお尻、足に

かけて痛みが走り、座ると楽になります。

 

椎間板ヘルニアの特徴的な症状は、朝起きる時が痛い、

前屈をすると痛い、せき、くしゃみで痛みが出ます。