ぎっくり腰!?せき、くしゃみで腰が痛い!この腰痛の原因は実は○○○○だった!

あなたの腰痛、もしかしたらヘルニアかも!?

  • せきをしたら腰に激痛が走った
  • くしゃみをしたら、腰に痛みが走り動けなくなった
  • 腰が痛くて車の乗り降りができない
  • ぎっくり腰で歩くのが困難になった
  • 朝起きたら腰が痛くて、真っ直ぐ立てなくなった

朝、起きてせき、くしゃみをしたら突然腰に激痛が走った

朝起きたらぎっくり腰になってしまった患者さんの話です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日までは全く腰の痛みはなかったのに、朝起きて

せきとくしゃみをしたら、突然腰に激痛が走った。

 

「一体、何が起きたんだ!」

 

ベッドから起き上がろうとしても起き上がれない。

とにかく横向きになって痛みが引くのを待つことにした。

数分後、少し体を動かしてみる。

 

「い、痛い!どうなっているんだ!」

 

不安に襲われる。どうしても会社には出勤しないと

いけない日だったので痛みをこらえコルセットを巻いて

車に乗ろうとした。

 

「ダメだ!やっぱり腰が痛い!」

 

仕方なく仕事を休んで妻の手を借りながら

病院で見てもらうことにした。

病院で見てもらったらヘルニアだった!

前傾姿勢で痛みがでないようにゆっくり歩きながら

病院へ向かう。時間が経っても体を真っ直ぐにして

立つことはできない。

 

直ぐにレントゲンとMRIを撮った。

レントゲンは何とか痛みを我慢して撮ることが

できたが、MRIはとても苦痛だった。

 

仰向きで足を真っ直ぐにしてドーム状の筒に

入れられて15分以上待たされる。

 

数分なら痛みに耐えることができたが

それ以上は痛みが増して限界を超えていた。

 

全ての身体チェックを終えた時は症状が少し悪化していた。

きっと無理な体勢で長時間いたからだろう。

 

特別室に呼ばれ先生がレントゲン写真やMRI写真を

見ながらこう言った。

 

「○○さん、これはぎっくり腰ではなくヘルニアです」

 

え、ヘルニア!ぎっくり腰だったの思い込んでいたので

動揺した。

 

「見て下さい!ここの椎間板という軟骨が飛び出して

神経を触っています」

 

写真を見せられて説明されてもよく分からなかったが

黒いものが飛び出しているのは分かった。

これは治るのだろうか。不安が走る。

 

「手術するまでのヘルニアではないので、まずは

痛み止めの薬、湿布、マッサージを受けてみて下さい」

 

よかった。もしかしたら手術しないとダメだと思った。

 

先生の指示通り、薬を飲んで湿布を貼り

マッサージを受けに通院した。

 

一週間、二週間、一ヶ月通い続けたが

痛みが少し減ったものの完全に消えることはなかった。

足にも痛みやしびれが走るようになり感覚も

おかしくなっていた。

 

「このまま通っても良くならないかもしれない、

違うところで見てもらう」

 

ネットで調べてヘルニアの施術が得意な接骨院を

探して行くことにした。

接骨院で施術を受ける

接骨院ではどんな施術をされるのか不安だったが

最初に先生が痛み、しびれの根本的な原因と施術方法を

詳しく説明してくれたのでちょっと安心した。

 

「○○さん、これはヘルニアでも、ちょっと難しいヘルニアです。

ヘルニアには、なおりやすいヘルニアとなおりにくいヘルニアがあるのですが

○○さんの場合はなおりにくいヘルニア(癒着性ヘルニア)です。

ですので痛みやしびれが一ヶ月以上続いていたのだと思います」

 

そうだったのか、でもこんな状態でも治るのだろうか?

 

「なおりにくいヘルニア(癒着性ヘルニア)でも仰向きになって、

膝を伸ばしたまま足を上にあげたとき、直ぐに腰や足に痛み

やしびれが出た場合は重症です。手術手前の状態ですね。

○○さんの場合は足が45度以上、上がりますのでちょっと

時間がかかると思いますが施術で良くなる範囲だと思います」

 

早くこの痛みやしびれから解放されたいので先生を

信じて通ってみよう。

 

施術はとてもシンプルだった。

 

最初にヘルニアのレベルをチェックするために

足の親指の筋力テストと感覚テストを受けた。

 

先生の説明では腰から始まる神経、坐骨神経は

お尻を通って、ふくらはぎ、足の指まで通っているので

飛び出した椎間板が神経に触っていると親指力が抜けたり、

感覚が鈍感になったりするらしい。

 

テストの結果は見事に親指の力が抜け、

感覚も痛みやしびれが出ていない足に比べて

鈍感になっていた。

 

次に膝を伸ばした状態で片足を上げてどの角度で

痛みやしびれが出るのか調べてもらった。

 

これは50度くらいのところで傷みとしびれが出た。

 

次に施術。

 

腰が伸びるの特殊なベッドに仰向きに寝かされて

下半身の部分が下にさがり腰が反るような感じだった。

 

ベッドが下がったり、上ったりして

腰が牽引され痛みはなく気持ちが良かったが

本当にこれでよくなるのか不安だった。

 

でも、施術後は施術前に行った足の親指筋力テストで

力が入るようになり、鈍感だった感覚も戻り、足を上げるテストも

50度くらいで痛みやしびれが出ていたのが60度から70度まで

上がるようになった。

 

「こんな感じで良くなっていきます。ただ、この状態を

維持するのは難しいので、施術の継続と自宅でヘルニアを

改善するためにストレッチをやってもらう必要があります」

 

「分かりました。先生、ぜひヘルニアが良くなるストレッチを

教えて下さい」

 

施術が終わった後、腰から足にかけての痛みやしびれが

和らいでいるのが分かった。腰も曲がっていたのに

少し真っ直ぐに立てるようなり、歩くのもスムーズになっていた。

腰を反らすと痛いヘルニアを改善するための対処法

一般的なヘルニアは腰を前に曲げると痛くて

後ろの反らすと痛みが和らぎます。

 

ですが重度のヘルニア(癒着性ヘルニア)は腰を

前に曲げても後ろに反らしても痛みやしびれが出ます。

 

腰を後ろに反らす方が前に曲げるよりも痛みやしびれが

強く、直ぐに出るので前かがみ、つまり前傾姿勢になってしまう

ことが特徴です。

 

自分でできる対処法としては仰向きになって痛みやしびれが

出ている側とは反対の足を曲げて両手で膝を持ってストレッチします。

例えば右の腰やお尻、足に痛みやしびれが出ている場合は

左足を曲げます。

 

このストレッチのポイントは足を手前に曲げる時に胸の方に

引きつけるのではなく、おへそに向かって下に押すような

感じで行います。

 

この時に必ず痛みのない範囲で行ってください。

強く曲げてしまうと悪化することがあるからです。

 

回数は10回×2セット、一日三回です。

ストレッチを行っている最中に足を曲げている側の腰が

伸びている感じがあればOKです。

椎間板ヘルニアは再発する可能性が高い!?

何万人と腰椎椎間板ヘルニアや頸椎椎間板ヘルニアの

患者さんを施術してきました。

 

施術をして気づいたことはヘルニアを発症する患者さんは

過去にヘルニアを経験していることが多いということです。

 

また腰のヘルニアになった人は首のヘルニア

になる可能性が高く、首のヘルニアになった方は

腰のヘルニアになる可能性が高いです。

 

よく手術をすれば再発しないと思っている方がいますが

いえいえ再発します。しかも、当院に見える患者さんでも

ヘルニアの手術をして再発している方が多いですので

再発率は高いと思われます。

 

なぜ、再発する可能性が高いのか?

考えられる要因としては3つあると思います。

 

一つ目は

 

「またヘルニアになるかもしれない」

 

という恐怖や不安から、腰をかばってしまい

姿勢が悪化してしまうこと。

 

もう1つは身体にメスを入れると、組織が癒着してしまったり

筋力が低下して身体の動きが手術前よりもスムーズではなくなり

腰に負担がかかってしまうこと。

 

最後はクッションの役割をしている椎間板が

手術によって切除され腰に負荷がかかるということです。

 

個人的には椎間板ヘルニアは手術をしても

再発する可能性も十分考えられるので、最後の

手段として考えられた方がいいかと思います。

初期症状であれば腰のヘルニアであれば80%、首のヘルニアでは60%、手術しないで改善します

ほとんどの方がヘルニアの初期症状で整形外科などの

病院で見てもらう場合が多いです。

 

MRI写真でヘルニアと診断されても

直ぐに施術を受ければ、改善する確率は非常に高いです。

 

問題なのは初期状態は我慢できる痛みなので

直ぐに施術しない、何もしないで放置してまうと

中度から重度のヘルニアの変わってきます。

 

ヘルニアは早期発見、早期施術すれば

怖くはありません。

 

ただ、初期状態は腰がすごく痛いわけでもなく

足がビリビリしびれて歩けないとといったことは

あまりありません。

 

どちらかというと、腰がだるいとか重たい、

もしくはお尻から太股、足にかけて軽いしびれや

違和感があるだけなので我慢すれば

日常生活や仕事もできます。

 

病院が嫌いな方やいつか改善すると思っている方は

上記の状態になったら要注意です。

 

我慢すればするほどひどくなっていきます。

初期状態を自分で発見するポイントは

 

・毎朝、起床時が痛い

・せきやくしゃみをすると痛い

・腰を前に曲げると痛い

 

痛みがでる場所は腰の骨の上や

お尻の割れ目、尾てい骨、お尻がくなります。

なおりにくいヘルニア「癒着性ヘルニア」とは

腰椎椎間板ヘルニアは、ネットで調べるとこう

書かれています。

 

腰の骨と骨の間にある軟骨、椎間板が後方へ

飛び出して神経を圧迫することによって腰から

お尻、足にかけて痛みやしびれを伴うと。

 

このケースがほとんどなのですが、まれに

ヘルニアの状態が長いと、飛び出した椎間板と

神経がくっついてしまい癒着を起こすことがあります。

 

これが癒着性ヘルニアで整形外科に

何度も通っても改善しにくいです。

 

MRI写真では軽いヘルニアと言われても

癒着しているかどうかは分かりません。

 

でも、自分で癒着しているかどうかが分かる

方法があります。それは仰向きで寝てみて

膝を伸ばしたまま、痛い側の足を上にあげて

みて下さい。

 

この時に30度以下で痛みやしびれが出た場合は

癒着性ヘルニアが疑われます。

 

感覚としては、太ももの裏側が糸が張ったように

ピーンと突っ張った感じがあります。

癒着性ヘルニアの痛み・しびれは眠れないほど重症です

一般的なヘルニアとは違い、癒着性はヘルニアは

立ったり座ったりするのはもちろん、歩くことさえも困難です。

痛くて夜も眠れないこともよくあります。

 

病院や接骨院で治療をしても数回で改善することはありません。

ほとんどの場合は1ヶ月から3ヶ月は改善するまで時間が

かかると思います。

 

癒着性ヘルニアの特徴としては

 

腰を前に曲げるよりも、後ろの反らすほうが痛い。

歩くとふくらはぎが突っ張る。

横になっても痛い。

長時間立っていられない。

全く動けない。

 

など、とにかく過去に経験したことがない

痛みやしびれで悩まされます。

 

もしも、今、腰のヘルニアで治療している方で

全く良くならない、変わらない、ひどくなっている場合は

癒着性ヘルニアを疑った方がいいでしょう。

 

痛みやしびれが続いて病院で手術と言われても

時間をかければ手技療法で改善する可能性はありますので

手術は最終手段と思って頂いてもいいかと思います。

 

手術したからといってヘルニア改善する保証は

ありません。個人的にはできる限り手術はしないで

施術でなおすことをお勧めします。

病院や接骨院でのヘルニアの施術

腰のヘルニアは骨と骨の間にある軟骨(椎間板)が

後ろ(背中側)に飛び出し、神経に触って腰からお尻、足に

かけて鈍痛や放散痛、しびれがでる疾患です。

 

分かりやすく説明するとサンドウィッチをイメージして

下さい。サンドウィッチを両手で持ってパンをギュッと押さえて

食べようとしたとき中に挟まっているチーズやハムが

外へ出てきた経験はありませんか?

 

これが椎間板ヘルニアの容態なのですが

骨にあたる部分がパンであり、椎間板である軟骨が

ハムやチーズです。

 

この出てきたハムやチーズを切るのが手術であり

押し込んで戻すのが手技療法です。

 

これから、病院での手術と接骨院の手技療法について

解説してきます。

切開手術(Love法:ラブ法)

ラブ法は昔から行われている手術です。全身麻酔で行われます。

メスで腰を5センチ前後、縦に切開して飛び出した椎間板を切除します。

 

術後は数週間の入院と訓練が必要です。最近はマイクロラブ法

(Micro Love法)法といって手術跡を小さくするために、

神経を傷つけないないために顕微鏡を使って行われるように

なってきました。

 

身体に負担がかかりますし、術後は身体を固定され動けません。

そのうえ数週間の入院も必要です。

 

 

●メリット

・保険が効く

・確実に飛び出した椎間板を確実に除去できる

・効果が高い

・顕微鏡を使えればり直視下よりも効き目がある(MLD法)

・内視鏡を使って手術ができる(MED法)

 

 

●デメリット

・手術時間が他の手術に比べて長い

・全身麻酔のため体に負担がかかる

・ラブ法の場合、傷跡が大きい

・3週間程度の入院しなければならない

・再発しないためにリハビリが必要

内視鏡を使った手術(PED法)

内視鏡を使ったヘルニアの手術であるPED法は

2003年に出沢明先生によって初めて日本に

導入されました。

 

ヘルニアの手術では画期的だと思います。今後、

この手術が主流になることは間違いないでしょう。

 

なぜなら、体に対する負担が少なく、手術時間も短い。

入院する必要もなく傷跡が小さい。保険も効くので

経済的負担も少ない。

 

 

●メリット

・一日で手術は終わるので入院する必要がない

・内視鏡で手術するので傷跡が少ない

・局所麻酔なので身体への負担が少ない

・再発率が少ない

 

●デメリット

・高度な技術が必要なためPED手術ができる先生が少ない

・PED手術が受けられる施設が少ない

・ヘルニアの状態によってはできないこともある

レーザー手術

レーザー手術は他の手術と違って飛び出した椎間板を切り取るのではなく

椎間板の真ん中にレーザーを当ててドーナッツのように穴を開けます。

 

その穴を埋めるために椎間板が入り込み、飛び出した椎間板が

引っ込むという手術です。

 

この手術は切開手術や内視鏡手術と違って、直接見て行うのではなく

レントゲンで間接的に見ながらレーザーを当てるので、成功するか

しないかは先生の技量に関係してきます。

 

●メリット

・手術は一日で終わる

・入院しなくてもよい

・ヘルニアの初期の段階では効果が高い

・体への負担が少ない

・直ぐに痛みやシビレが和らぐ

 

●デメリット

・100%改善する保証はない

・保険が効かないため費用が高額(自費治療)

・ヘルニアの中期・後期は初期に比べ効果が下がる

・一回の手術では改善しない場合はもう一回受けなければならない

・再発する可能性がある

接骨院での施術

接骨院では腰椎椎間板ヘルニアの治療は、まずヘルニア専用の

ベッドが最低必要です。このベッドがなければヘルニアを根本的に

改善することは難しいです。

 

ヘルニア専用のベッドは上半身と下半身のパーツに別れていて

下半身のパーツが床に向かって下がり、元に戻ります。

 

病院での施術は牽引が一般的で上下に腰を伸ばすのですが、

ヘルニア専用ベッドは仰向きで寝て、ベッドの下半身のパーツが

動くことによって腰が伸びるだけでなく、反らすこともできるのが

特徴です。

 

ヘルニア専用のベッドがあるからといって、直ぐに改善するわけでは

ありません。高度な技術を要するので、専用ベッドで施術ができるまでには

長時間の訓練が必要です。また、重症レベルの場合は他の技術も必要に

なってきます。

 

●メリット

・手術をしなくてもよい

・仕事を休まず働きながら施術を受けられる

・一次的ではなく、根本的に改善することができる

・施術はバキバキしないから痛みがない

・自宅でできるストレッチを教えてくれる

 

●デメリット

・高度な技術がいるため、根本的に改善させる接骨院が少ない

・ヘルニア専用のベッドがないと施術できない

・1回の施術だけでは改善しない

・ヘルニアは法律上、接骨院では健康保険が効かない

・施術が終わっても、直ぐには効果を感じられないこともある

ヘルニアの種類

膨留型

ヘルニアのなかで最も多いタイプです。整形外科などの病院では

 

「(椎間板)ヘルニアの初期症状ですね」

 

「(椎間板)ヘルニアになりかけていますね」

 

「椎間板症ですね」

 

と先生から言われます。

 

椎間板は周りを取り巻く繊維輪と中にある髄核で

形成されています。饅頭で例えると外側の皮が

繊維輪であんこが髄核です。

 

膨留は、この髄核がMRI写真で見ると3~5mm突出した状態です。

腰が局所的に痛く、放散痛もあり、しびれはお尻に

でます。太ももから足にかけては、まだしびれが

出ていないのが特徴です。

 

また、せきやくしゃみで腰に痛みが出ます。

突出型

膨留型ではなかった太ももから足にかけて

痛みやしびれが出ているのが特徴です。

 

MRI写真では飛び出した髄核が5~8mmぐらいまで

大きく突出しています。

脱出型

椎間板が飛び散ったもので腰には痛みはなく

お尻から足にかけて痛みやしびれが非常に強いです。

 

動くだけで痛みやしびれが出るので、歩くのも困難です。

痛みで眠れなかったり、痛みで目が覚めることもあります。

まとめ

魔女の一撃と言われているぎっくり腰は急性腰痛の総称です。

椎間板ヘルニアも急に起きればぎっくり腰に含まれます。

 

腰の筋肉の捻挫(筋・筋膜症)や骨歪み(椎間関節症)であれば、

湿布や痛み止めの薬で少しずつ改善してきます。

 

重度のヘルニアは時間が経っても症状が変化しない、もしくは

ひどくなるのが特徴です。

 

せき、くしゃみをしてぎっくり腰になり、腰から足にかけて

痛みやしびれが続き真っ直ぐ立てない、もしくは歩くのが困難に

なった場合にはヘルニアを疑って下さい。

 

ヘルニアかどうかは病院でMRIを撮ると骨と骨の間にある

椎間板が写るので分かります。レントゲンは骨しか写らないので

ヘルニアと断定することは難しいです。

 

病院でレントゲンを撮って、先生から

 

「これはヘルニアですね」

 

と言われたら、骨と骨の間の隙間が狭く、

ヘルニアの可能性があるということです。

100%ヘルニアではないということです。

 

また、ヘルニアであっても、飛び出した

椎間板が神経に触っていなければ

痛みやしびれは出ません。

 

神経を椎間板がどれだけ圧迫しているかで

痛みやしびれの度合いが変わってきます。

 

ヘルニアで特徴的なのは

腰だけでなくお尻の真ん中や尾てい骨に出ることが

あります。そしてヘルニアがひどくなるとお尻、太もも

ふくらはぎへと痛みやしびれが下がってきます。

 

逆に改善していくときは痛みやしびれが腰に向かって

上がってきます。

 

参考サイト:

せき、くしゃみすると腰に痛み

くしゃみや咳で腰痛い!原因と治し方、一瞬で楽になる裏ワザも♪

知っておきたい「ぎっくり腰」の対策と予防