ひざの痛み

どうして膝が痛くて階段の上り下りができなかったので、たった一回の施術で足が上げられるようになるのか?

ひざの痛みで悩んでいませんか?

  • 正座ができない
  • しゃがめない
  • 階段の上り下りが困難
  • 自転車がこげない
  • 長時間歩くと膝が痛くなる

病院で変形性膝関節症と診断された方のビフォーアフター

ひざの痛みの原因

 

①加齢

膝痛の多くの場合は加齢によって

膝関節のクッションの役割をする

軟骨がすり減ってきます。

 

運動不足や体重の増加によって

軟骨がすり減るスピードが速く

なります。

 

そして骨と骨がぶつかる

ようになり痛みが出ます。

 

この状態が続くと骨が

変形し、がに股になります。

 

加齢による膝痛はこうして軽く♪

①あたためる

 

温めることによって血流が

良くなり、膝の骨や軟骨に

栄養を運び、老廃物を

除いてくれます。

 

温湿布で温める方も

いますが、かぶれやすい

ので注意してください。

 

②筋トレ

 

筋肉の1/4を占める太ももの

筋肉を鍛えることによって

膝関節が安定します。

 

トレーニング方法は椅子

に座って膝関節を4秒間

かけてゆっくり伸ばし、

4秒間かけてゆっくり

戻します。

 

これで痛みがない方は、

筋トレしない足を筋トレする

足首の甲に乗せて負荷を

かけて行います。

 

③サポーターやテーピング

 

膝が痛くて歩くのも困難な方など

痛みがある場合にはサポーター

やテーピングは膝を動かす筋肉

の補助をしてくれるので痛みが

軽減します。

 

注意しないといけないのは

痛みがなくなったら、サポーター

やテーピングをつける時間を

減らします。

 

理由は筋肉が衰えてしまうのと、

不安感が消えなくなるからです。

 

膝痛の原因②歩き過ぎ

 

「膝が痛いから歩かなきゃ!」

と思って、今まで運動もして

いない方が、いきなり15分

以上散歩やウォーキング

すると膝痛の原因になります。

 

目安は15分以内の散歩や

ウォーキングです。

 

歩き過ぎによる

膝痛の改善方法を

お伝えします!

①シューズやフォームを見直す

 

今はウォーキング専用の

シューズや通勤専用の

シューズがあるので選び

やすいと思います。

 

靴選びのポイントは

クッション性があることです。

 

フォームはリラックした

状態で体全体を使って

歩くことです。

 

あまり歩くフォームを

意識しすぎると筋肉が

緊張し、歩き方が

不自然になります。

 

②歩くのはちょっと休んで筋トレ

 

膝痛予防としての効果的な

運動はウォーキングと筋トレです。

 

ウォーキングは持久力をつけ、

筋トレは筋力を増やします。

 

理想の1週間運動メニューは、

 

初日ウォーキング、

2日目ウォーキング、

3日目筋トレ、

4日目お休み、

5日目ウォーキング、

6日目ウォーキング、

7日目筋トレ

 

というサイクルです。

③大会が近いなら接骨院、整骨院へ

 

部活やクラブチームでスポーツを

やっている方はスポーツ障害に

強い接骨院や整骨院へ通う

ことをお勧めします。

 

全ての先生は柔道を

経験しており、膝痛の対処法を

知っているからです。

 

メンタル整体師 コツコツ前田からのメッセージ

 

私は、病院や整骨院など、どこへ行っても

良くならない人をできるだけ早く改 善させる

ことが自分の使命だと思って仕事をしています。

 

他院に通っていた方が来院して問診をすると、

しっかり検査をして原因を探し、 伝えることを

していない院が多いと感じます。

 

痛みに苦しんでいる方 は、治る のかどうか、

そしてどこが悪いのか一番聞きたいはずですよね。
私自身、ヘルニアやうつ病で

悩んだことがあるので、

あなたの気持はとてもよく分かります。

 

当院は、しっかり検査をして原因を探し、

それをお伝えしています。そして、

その悪いところがどうすれば改善するのか、

そのためにどのくらいかか るのかをご説明します。

 

ひざの痛みでお悩みの方は、

ぜひ一度ご相談ください。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

心とカラダを元気にするメンタル

整体師のコツコツ前田でした!