脊柱管狭窄症

病院で手術とリハビリの治療しかないといわれた脊柱管狭窄症がなぜ良くなるのか?

脊柱管狭窄症でお悩みではありませんか?

  • 座ると腰やお尻、足の痛みやしびれが消える
  • 長時間たたり、歩いたりすると直ぐに座りたくなる
  • 散歩をすると足をひきづってしまう
  • 腰が急に痛くなってゴルフやランニングができなくなった
  • 腰をそらすと痛みやしびれがでる

脊柱管狭窄症の原因

 

脊柱管狭窄症とは

脊髄神経を包んでいる管(脊柱管)が

何らかの原因で圧迫されて、神経症状(神経根症状)が

でることをいいます。

 

脊柱管狭窄症の原因とし考えられるのは

骨と異常、軟骨の異常、靭帯の異常が

考えられます。

 

病名で言うと

腰部の椎体骨折、パジェット病、先天性骨形成異常

峡部(きょうぶ)脊椎すべり症、骨棘(こつきょく)などの

形成で起きます。

 

多くは脊柱管をおおっている

靭帯(黄色靭帯)の肥厚によって脊柱管を

圧迫し神経症状を引き起こします。

 

脊柱管狭窄症の症状

 

脊柱管狭窄症の特徴的な症状として

間欠性跛行(かんけつせいはこう)と

いって歩くと足に力が入らなくて

足を引きずり、ちょっと椅子などに座って

休むと痛みが消え、また歩くことができる

ことをいいます。

 

自分が脊柱管狭窄症かどうか

分からない場合は腰を前に曲げてみると

放散痛や鋭い痛みが消え、

 

腰を後ろに反らすと放散通が

鋭い痛みがある場合は

脊柱管狭窄症の疑いがあります。

 

もしも分からない場合は近くの

整形外科でMRIという写真を撮ってもらうと

確実に分かると思います。

脊柱管狭窄症の原因を解消するために当院が行う施術

 

脊柱管狭窄症の多くは老化現象によって

起きますので高齢者の方に多い疾患です。

 

腰を前に曲げると腰や足の痛みやしびれが消え

腰を後ろに反らすと腰や足の痛みやしびれが出ますので

施術としては腰を丸めような施術になります。

 

病院の牽引器と大きく違うところは

下向きに寝ながら腰を丸めることができる

特殊なベッドで腰を優しくソフトに牽引できる

ことです。

 

手動で牽引しますので、微妙な調節も可能で

痛みが出たらすぐに止めることができます。

 

 

変形性の椎間板ヘルニア、変形脊椎症、

骨棘(骨のとげ)によって脊柱管を圧迫

しているケースは提携している整形外科さんに

お任せしています。

 

当院は脊柱管を圧迫している原因が靭帯(黄色靭帯)の

肥厚の場合、その靭帯を薄くして、脊柱管への圧迫を

徐々になくしていきます。

 

脊柱管狭窄症は突然起きる急性症状よりは

長年かけて痛くなった慢性疾患なので1回で

良くなることはまれです。

 

しかも高齢者の方は強い施術を行うと

身体に負担がかかってしまいますので

当院ではコツコツ施術をしていきます。

 

施術を続けていくと脊髄神経を包んでいる

脊柱管への圧迫が外れ、痛みやしびれが

突然、ウソのように消えます。

 

脊柱管狭窄症の施術

メンタル整体師、コツコツ前田からのメッセージ

 

私は、病院や整骨院など、どこへ行っても

良くならない人をできるだけ早く改 善させる

ことが自分の使命だと思って仕事をしています。

 

他院に通っていた方が来院して問診をすると、

しっかり検査をして原因を探し、 伝えることを

していない院が多いと感じます。

 

痛みに苦しんでいる方 は、治る のかどうか、

そしてどこが悪いのか一番聞きたいはずですよね。
私自身、ヘルニアやうつ病で

悩んだことがあるので、

あなたの気持はとてもよく分かります。

 

当院は、しっかり検査をして原因を探し、

それをお伝えしています。そして、

その悪いところがどうすれば改善するのか、

そのためにどのくらいかか るのかをご説明します。

 

脊柱管狭窄症でお悩みの方は、

ぜひ一度ご相談ください。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

心とカラダを元気にするメンタル

整体師のコツコツ前田でした!