腰痛

ずーっと腰痛で悩んでいませんか?

  • どこへ行っても治らない
  • お風呂に入ったりマッサージしても一時的には良くなるが直ぐに元にもどる
  • 朝起きると痛い
  • 立ったり、座ったりする時に痛みが走る
  • 長時間、同じ姿勢でいると腰の筋肉がかたくなって動けない

腰痛施術のビフォーアフター

どこへ行っても良くならない腰痛って?

どこへ行っても改善しない腰痛の方って

本当に多いと思います。

 

では、なぜ、改善しないのでしょうか?

 

答えは簡単です。

 

腰痛の根本的原因が分かっていないからです。

 

腰が痛いからそこが原因と思っている方が

非常に多いからです。

 

もしも痛みと原因が

一致する場合は、例えば腰を急に捻ったとか

重たいものを持ち上げた時に痛めたとかの

場合は考えられます。

 

ですが、数か月前から痛い、一年以上前から痛い

ずーっと痛い人が、もしも腰に原因があるとしたら

たぶん改善していると思います。

 

痛い部分に原因があると思っている限り

改善しません。

 

人間には自然治癒力といって

怪我をしたらかさぶたができて

回復していきます。

 

急性であれば

安静にしたり、冷やしたり、固定したりすれば

ほとんどの場合は改善していきます。

 

慢性であれば

この自然治癒力が働いてないという

ことになります。つまり、慢性の腰痛は

二次的な原因で痛みが出ている

ことになります。

 

慢性の腰痛には必ず痛みのきっかけとなる

パターンやくせがあります。

 

それが日常生活や仕事、姿勢などに

隠されているわけです。

日常生活での腰痛の原因

生活習慣で腰痛がよくでる方は必ず

痛くなるパターンがあります。

 

例えば、

 

・子供を抱っこした時

・掃除機をかけている時

・お風呂掃除をしている時

・洗濯物を干している時

・布団を持ち上げた時

・朝、急に布団やベットから起き上がった時

・階段を上ったり、下りようとした時

・草取りをしている時

 

など同じケースで痛めることが多いです。

 

痛みを忘れてしますと、つい動きすぎて

無理をしてしまい腰痛を再発することが

多いので、自分がどの動作をしたら腰痛に

なりやすいのか把握しておくことが予防に

つながります。

仕事での腰痛の原因

仕事での姿勢が一番大きいと思います。

 

・パソコンでの事務作業の姿勢

・営業で運転での姿勢

・同じ姿勢での作業

 

など、どうしても仕事に

あわせて姿勢を変えていかなければ

ならないのでどうしても腰に負担が

きやすい状況になります。

 

仕事をしているときは集中しているので

腰痛であることを忘れていることが多いですので

注意する必要があります。

姿勢による腰痛の原因

姿勢が悪いのは、自分で気づていない

場合が多いです。

 

腰痛の多い姿勢は

腰が反って、背中が丸くなって

顔が前に突き出している姿勢です。

 

パソコンを見ているような姿勢ですね。

 

背骨は緩やかなS字カーブを描いていますが

そのカーブが大きくなると腰や首への負担が

大きくなり痛みが伴います。

 

よく胸を張れば姿勢が良くなると

言われていますが、これは逆であり

お腹を少しへこませておくだけで腰痛に

なりにくい姿勢に変化します。

 

意識があるときにお腹を凹ませて

おくだけで腹筋はつきますので

運動や筋トレをしなくても大丈夫です。

コルセットはしたほうがいいの?

コルセットをつけるかつけない基準は

痛みがあるかないかで決めてもらえれば

いいかと思います。

 

痛みがあればつけて

痛みがなければつけない。

 

もしどちらか分からない場合は

つけてもらったほうがいいでしょう。

 

ただ、長くつけていると

腰周辺の筋肉が落ちてしまい

外せなくなってしまいます。

 

痛みが引いてきたら

腰に負担がかかrない時間帯から

外していき、腰に筋肉を少しずつ

つけていくことが重要になります。

 

運動や筋トレで鍛えなくても

最初は外して慣らすところから

はじめて下さい。

 

いきなり腹筋などやって鍛えると

再発する可能性が高くなるので

注意して下さい。

運動・ストレッチはいつからやればいいいの?

痛みがあるということは

炎症があるということです。

 

つまり体の中で火事が起きている

状態です。

 

この場合、身体の

消防車が火を消すために身体の

水分を炎症を抑えるために集まるのが

腫れです。

 

ですので、痛みがあるときに

運動やストレッチをするということは

火に油をそそぐことになりますので

控えたほうがいいでしょう。

 

もし痛みが引いて、運動やストレッチをした

後に再発した場合はまだやるべき時期では

ないと思ってください。

お風呂などに入って温めたほうがいいの?

日本人的考え方ですと

どうしても痛いとは温めたほうがいいという

温泉などに入っていいという考え方があります。

 

痛みは炎症を起こしていて

こりは主に血行障害です。

 

ですので痛みがなくて、肩や腰が

こっている、はっている、疲れている

場合は温めることによって血行が良くなり

蓄積していた疲労物質がとれスッキリする

することが多いです。

 

痛み=炎症ですので

お風呂に入る、温湿布はダメです。

たとえ、寒い冬の時期でもです。

腰痛を改善するために当院が行う施術方法

腰痛に対する当院の施術方法

大きく分けると3つです。

 

1:腰を前に倒したときに痛い

2:腰を後ろに倒したときに痛い

3:前に倒しても、後ろに倒しても両方痛い

 

まずは検査で上記のどのケースに

当たるのかチェックします。

 

ここではっきり鑑別ができれば

腰痛の原因が経験上

ほぼ分かるので、実は施術よりも

チェックが大切になってきます。

 

1:腰を前に倒したときに痛い場合の施術

前に倒して痛いくて、後ろに倒して痛くないので

あれば基本的には痛くない方向へ腰を動かすので

当院の施術の基本です。

 

ですのでこの場合は腰を伸ばすような

施術になります。伸ばすといっても

病院や整形外科で寝て腰を牽引する

機器のようには伸ばしません。

 

正確には腰を伸ばすというよりは

腰を反らします。

 

腰を反らすと痛いイメージが

あるかと知れませんが大丈夫です。

 

寝た状態で痛みが出ないかどうか聞きながら

ゆっくり腰を反らしていくのでご安心ください。

 

施術後、もう一度チェックして

腰が前に倒せるようになれば

この施術が正しかったことになり

次回も引き続き腰を反らす施術を

行ってどう変わっていくか経過観察

していきます。

 

もし、痛みが引かない

もしくは前に倒せない場合は

この施術方法が間違っていたことになるので

もう一度再検査をして施術方法を

変えて行います。

 

痛みは直ぐに消えないので

問題にはしていません。

 

それよりも動きの改善があれば

痛みは自然と消えていくパターンが

圧倒的に多いので、腰の動く範囲を

最優先に考えながら施術を

行っています。

 

2回目の施術時に1回目の時と

比べてどう変化したのかを確認してから

どれくらいの施術回数、施術期間で改善するのか

お伝えしています。

 

2:腰を後ろに倒したときに痛い場合の施術

腰を後ろに倒して痛くて、前に倒して痛くないので

腰を丸めるような施術になります。

 

腰を反らして痛い方は、腰が

反り過ぎていることが多いので

姿勢を改善することを目的としています。

 

痛みの種類によっても施術方法が

変わってきます。

 

例えば腰をそらすと

ズキッと腰の骨、つまり背中の真ん中が

痛い場合には、痛くない骨盤矯正・骨格矯正を

行って背骨をラインを変えていきます。

 

ズキッという痛みではなく

腰が重たい、お尻から足にかけてしびれる、

だるい感じがある場合は腰の神経が

圧迫されている可能性があります。

 

その神経の圧迫を外すためにストレッチのような

ソフトな感じで腰の骨と骨の間をゆっくり

優しく丸めながら伸ばしていきます。

 

神経の圧迫が外れますと

腰が反らせるようになりますので

そこに着目して施術を行っています。

 

この場合も痛みの変化ではなく、

腰の動きがどう変わったのかを見ていきます。

 

3:前に倒しても、後ろに倒しても両方痛い場合の施術

この場合の施術はどの方向に腰を動かしても

痛いので腰を動かさないで、一番楽な態勢

痛みが出ない態勢、負担のかからない態勢で

施術を行っていきます。

 

例えば横向きで痛みが出ないのであれば

横向きのままで施術を行い、立っていると

楽であれば立ったままで施術を行います。

 

当院の施術は寝るだけでなく、横向きでの立っても

施術ができるので、患者さんに無理に態勢にならなくても

大丈夫ですのでご安心ください。

 

基本的には痛みが出ない態勢で、身体を

動かさないで施術していきます。

まとめ

根本的な慢性腰痛の原因が分かれば

改善することは簡単です。

 

ただ、長い間痛みを我慢してきたので

腰痛になりやすい姿勢になっています。

 

その状態を変化させて維持することは

難しいので最初は集中して

通ってもらうことになります。

 

できるだけ早く改善して頂きたいので。

 

もちろん仕事を休まなくてもいいように

自分でできる体操やストレッチを

筋トレ、運動などもプロの視点から

お伝えしてアフターケアもしていきます。

 

私の施術の考え方は一時的ではなく

根本的に改善させることです。

コツコツ前からのメッセージ

 私は、病院や整骨院など、どこへ行っても

良くならない人をできるだけ早く改善させる

ことが自分の使命だと思って仕事をしています。

 

いろんなところに通っていた方が来院してお話を聞くと

しっかり身体をチェックをして原因を探し、 伝えることを

していないケースが多いと感じます。

 

痛みに苦しんでいる方 は、改善するのか、

そしてどこが悪いのか一番聞きたいはずですよね。

私自身、ヘルニアやうつ病で悩んだことがあるので、

あなたの気持はとてもよく分かります。

 

当院は、しっかり身体をチェックしてをして

原因を探し、それをお伝えしています

 

そして、その悪いところがどうすれば改善するのか

そのために回数や期間がどれくらいかか るのかを

ご説明します。

 

腰痛でお悩みの方は、

ぜひ一度ご相談ください。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

腰痛 春日井市(2017年2月23日)

こたつで寝ていたら腰を痛めた患者さんです。

 

朝と夜が痛く他院に行っても良くならなかったので来て頂きました。

 

前屈で痛く腰から左足にかけて痛みがあり、検査した結果ヘルニアの疑いがあったので、ヘルニアの施術と背骨と骨盤を矯正して姿勢を改善しました。

 

痛みをかばって身体が傾いてましたね。

同じ症状で悩むお客さまの声

腰の痛みだったのですが、初回でかなり痛みがなくなり良かったです

初めて骨格矯正を受けました。

 

施術前にキチっと説明を

していただき、安心して受ける

ことができました。

 

 

施術は思ったほど痛くなく、

これならやっていけそうな

気がしました。

 

腰の痛みだったのですが、

初回でかなり痛みがなくなり

良かったです。

金子幸弘様 春日井市 49歳

整体院のような所には初めてお世話になりましたが、もっと早く出会えていたらよかったと思いました(腰痛)

整形外科に通う程、

せっぱつまっている

訳じゃないけど、歳をとる

とともに痛みが腰を

おそってくる頻度が

増しているので、

G・Wをきっかけに

コツコツさんに

通ってみること

にしました。

 

心当たりといったら、

運動不足が最たるものか・・・

けがや事故をしたことは

ないので、漠然と不安で・・・

  

でも、先生に

 

「大丈夫ですヨ」

 

と言っていただき、

その後原因の

説明をわかりやすく

していただいたら、

なんだか

 

「大丈夫」

 

「痛くなくなる」

 

という気になって

しまいました。

 

施術後は、あお向けに

寝た状態で反っていた腰が

「ペタッ」とベッドに

触れるようになり、

 

なんで?

なんで?

 

って、ずっと言ってた

気がします。

 

整体院のような所には初めて

お世話になりましたが、もっと

早く出会えていたらよかったと

思いました。

匿名希望

2週間もすると体の痛みはなくなり、通院2ヶ月後には妊娠することができました(骨盤の歪み、腰痛)

2人目以降、骨盤(骨格)がずれて

しまったようで、腰痛をかかえる生活を

していました。3人目が欲しく、まずは

ゆがみを治して3人目を!!と

通い始めました。

 

2週間もすると体の痛みはなくなり、

施術の際に妊娠のつぼも押して

もらったおかげで、通院2ヶ月後には

妊娠することができました。

 

本当にありがとうございます。

 

体のゆがみも治り、希望の3人目も

でき、とても喜んでいます。

 

これから、出産までの間も

引き続きお世話になるつもりです。

 

無事産まれるまで、産後も、

宜しくお願いします。

頼りにしてます!!

春日井市 33歳

関連記事