外反母趾

 

長年、外反母趾で悩んでいる、困っている

女性は多いと思います。外反母趾と分かっていても

その原因や治療法、リハビリなどが分からない人が

多いと思いますので、解説していきたいと思います。

 

  • 母趾の外反
  • 中足骨の肥厚
  • 種子骨の外転転移
  • 第1中足骨の内反
  • 平らで広がった横アーチ

外反母趾とは

 

足の親指が外側にくの字に飛び出して変形する

ことです。ひどくなると、突出部に強い痛みを感じ

靴などを履くと、その部分が当たってしまい歩くのも

困難になります。

 

外反母趾は以前、欧米人よりも日本人に少ないと言われて

きましたが、近年は日本人にも急増しています。

 

理由は生活スタイルが靴、特に外国製のシューズを

履くようになったからだと言われています。

 

親指の変形の原因として、ヒールや足先のせまい

靴をはくことによって、足の先端部が左右から圧迫される、

もしくは足の筋肉が弱くなっていることがあげられています。

 

足の骨の変形には

 

・親指が外側に向く

(第一中足骨の内反)

 

・親指の指先が内側を向く

(母趾趾節骨の外反)

 

・足の横のアーチが減少する

 

・親指の突出部の皮下が腫れる

痛風やリュウマチと間違えられやすい

(バニオンと呼ばれる腫脹した滑液包)

女性に多い外反母趾に見られるバニオンとは

 

外反母趾を起こしている突出した親指の関節に

できた滑液包炎のことをいいます。

原因としては、摩擦刺激が加わりやすいからと

言われています。

注意しないといけないのは、外観上は

疼痛、腫脹、発赤などが見られるため痛風と

間違えられやすいですが、これらは発作性の

激痛であることが多いです。

滑液包炎とは

 

腱と骨の表面との間にある小包のことを

いいます。これが炎症を起こしたのが

滑液包炎とです。治療としては

ステロイド剤など局所注射を行うことが

多いですが、治りにくいときは切除することも

あります。

外反母趾の原因

 

1:第一中足骨が極端に内側に突出することによって

趾節骨が外側に亜脱臼を起こす。

また楔状骨の関節面が傾斜していることもあり

中足骨を内反方向に変位する。

 

2:趾節骨が外側へ飛び出すことによって

足底にある筋肉(対母趾屈筋腱・長母趾屈筋腱

背側の長母指伸筋)が横に移動して弓のように作用する。

 

3:足内の筋肉のアンバランスによって母趾内転筋の過緊張と、

母趾外転筋がそれに対して拮抗できずに起こる。

 

先天性や麻痺による外反母趾の内反足とは

 

・妊娠中に胎内で異常な肢位によって起きる先天性の外反母趾

・外反母趾に関係している筋肉、腓骨筋の麻痺で起きる。

外反母趾の治療

 

足先の裏が船底型のクッションがある靴を選ぶ。

足先が広くて、かかとの部分が狭い

オーダーメイドの靴は高価ですが効果的と言われています。

病院などでは外反母趾専用の矯正装具、

サポーターなどが使用されます。

進行すると骨切り術や腱形成術などの

手術が必要となることがあります。

 

コツコツ前田からのメッセージ

 

私は、病院や整骨院など、どこへ行っても

良くならない人をできるだけ早く改 善させる

ことが自分の使命だと思って仕事をしています。

 

他院に通っていた方が来院して問診をすると、

しっかり検査をして原因を探し、 伝えることを

していない院が多いと感じます。

 

痛みに苦しんでいる方 は、治る のかどうか、

そしてどこが悪いのか一番聞きたいはずですよね。
私自身、ヘルニアやうつ病で

悩んだことがあるので、

あなたの気持はとてもよく分かります。

 

当院は、しっかり検査をして原因を探し、

それをお伝えしています。そして、

その悪いところがどうすれば改善するのか、

そのためにどのくらいかか るのかをご説明します。

 

外反母趾でお悩みの方は、

ぜひ一度ご相談ください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

心とカラダを元気にするメンタル

整体師のコツコツ前田でした!