胸を張って姿勢を良くしようと意識しすぎて腰痛になり、眠れず悩まされていた中学3年生

今まで腰が痛いというよりよりは、

腰を伸ばしたくなるような感じ

とかで、そういうのが1日中あり、夜も

ねむれずにいました。

 

私がいままでやっていたのは、

腰をそることで、すうすることで刺激され

気持ちがいいと思っていたけど、先生は

 

そりすぎが原因

 

なんだということを

教えてくださりすごいびっくりしました。

 

初めての接骨院にいったので

他の院とは比べられないけど、

想像していた感じではなく

 

「何が原因で」

 

とか、

 

「これから、

こういう運動をするといいよ」

 

とたくさん教えてもらったので

行ってよかったです。

 

矢ヶ部いつ穂様 春日井市 15歳

■先生からのメッセージ

矢ヶ部いつ穂さんへ

嬉しい感想文ありがとうございます。

 

姿勢を良くするために、胸を張るれば良い

 

と思っている方はとっても多いです。

 

でも、みなさん姿勢が違いますので

逆効果になってしまうこともあります。

 

今回、当院オリジナルの検査の結果、

いつ穂さんの腰の骨と骨の間隔が狭くなってました。

 

胸を張る姿勢を意識し続けると

腰が反りすぎてしまい腰痛の原因になります。

 

骨盤矯正と骨格矯正で腰の骨と骨の間隔が広がり

痛みが軽減し、眠れるようになって良かったですね。

 

でも、長い間腰がそりすぎた姿勢でいたので

施術をしても直ぐに戻ってしまいます。

 

身体のくせをとるには

6回通って頂けると一時的

ではなく根本的に改善

 

されますのでご安心下さい。

 

また、このケースの腰痛としては

 

腹筋と腰の前側の

筋肉(腸腰筋)のストレッチ

 

で施術効果が増しますので、教えた筋トレ、ストレッチを

コツコツやってくださいね。

 

3回目の施術で痛みも姿勢も大きく変わってきて

いるので大丈夫です。