バキバキ首が鳴るのは頭痛、肩こり、それとも病気?

肩が痛くて腕が上がらないのは五十肩の原因だけでなく実は●●もあります。

五十肩かどうか簡単に分かる方法

家に帰ると、いつもの右肩の痛み・重みはなく久々に肩の重みが気になりませんでした!<肩痛>

2,3週間右肩のみ痛み&重みが

激しくなり何をしていても気になる

日々が続いていました。

 

限界がきて、コツコツ接骨院の

ホームページと口コミを見て

ここに来よう!と決め、生まれて

初めて接骨院へ行くことを決め

ました。

 

前田先生に症状を伝えると

肩だけの原因ではなく骨盤から

治していかなくてはいけないと

言われ、驚きでした・・・。

 

そして先生に肩や首を軽く

ポキポキっとさわってもらった

だけで軽くなりました。

 

家に帰ると、いつもの右肩の

痛み・重みはなく久々に

肩の重みが気になりません

でした!

 

びっくりです。
この軽さがしばらく続くと

いいです。

 

本当にありがとう

ございました。

五十肩かどうかの判断は

難しいですが、簡単な方法は

腕があがるか、あがらないかです。

 

 

痛みあっても腕があがれば

五十肩の疑いが少ないです。

 

 

全てではないですが。

 

 

突然、五十肩になる方もいれば

肩こりから少しずつ痛みが出始め

五十肩になるケースが多いです。

 

 

上記の方は五十肩の検査をした

結果、陰性だったのでたぶん

五十肩ではないと思われます。

 

 

腕も上がりますし、高い場所にも

手が届いたり、着替えができるので

大丈夫でしょう。

 

 

この症状の考えられる原因としては

挟み込み症候群っといって、簡単に

説明すると、肩を上げる時に肩の関節の

隙間が狭くなってぶつかってしまう症状です。

 

 

五十肩よりも多い症状で

肩のこりや痛みというよりは

腕があがらない、ひっかからない

状態です。

 

 

初期症状であれば

直ぐに施術すれば改善しますので

ご安心ください。

野球でボールを投げると肩がごりごりする原因と対処方法

野球やソフトボールなどボールを投げる

競技で多い肩の障害。ボールを投げるときに肩が

ゴリゴリする原因と対処法についてご紹介します。

ボールを投げるときに肩がゴリゴリいう原因の一つに

フォームが悪いことが挙げられます。

なぜかというと、きちんときれいなフォームであれば

肩に負担がかからないので、筋肉や腱、骨に無駄な

荷重がかかりません。

次に考えられるのは肩甲骨の周りの筋肉の柔軟性が

失われていることが考えられます。

肩甲骨の周りの筋肉はボールを投げるときに使われる

筋肉が多いです。ここの筋肉の柔軟性が

なければゴリゴリいうことがあります。

また,肩甲骨の柔軟性が失われる原因として猫背に

なっていることが挙げられます。

そして猫背だと、手が真っすぐあげられないので、

正しいフォームで投げることが出来ません。

対処法として、まず猫背をなおすことが挙げられます。

なおし方としては普段から、猫背にならないよう肩甲骨と肩甲骨を

よせるような姿勢で背筋を伸ばすことです。なかなかはじめは

難しいと思うので、気が付いたら行うようにしてください。

どうしてもパソコンなどのデスクワークが多いと猫背になりやすいです。

休憩の時に肩甲骨と肩甲骨をよせるように背筋を伸ばして、姿勢を正してください。

背中の後ろで、手を組み肩甲骨をよせてストレッチをしたり、

その姿勢でお辞儀をするストレッチをして筋肉をほぐすのも効果的です。

次に肩のストレッチをすること。

腕を胸の前に横にして肘を伸ばし、伸ばした腕の反対側の手で体に

引き寄せるストレッチ(アームプル)をしたり、

頭の後ろで肘を曲げて、曲げた腕の反対側の手で肘を

反対側に引くストレッチ(エルボープル)などして肩を

ストレッチしてください。

また、背中で手を合わせる練習をしたり、

背中で手を組んで上にあげる練習を

左右行ったりしてください。

そして、肩甲骨周りのマッサージなどで

ほぐすこともお勧めします。

猫背の人は肩甲骨周りの筋肉の柔軟性がないので、

とても張っていることが多いです。

ここをほぐすことで、肩の動きがスムーズになります。

肩甲骨の動きをよくすると、フォームも正しい姿勢になりやすいし、

スムーズにボールが投げられるのでパフォーマンスも上がります。

また猫背もなおると、普段の生活にも好影響を与えます。

簡単なストレッチや、普段ちょっとしたことを気を付けることで

変わるので 良かったら試してくださいね。

ボールを投げて突然!腰や肩が痛くなるピッチャーの原因と怪我をしないための3つの予防法

 

自分が野球をやっていたこともあり

高校の野球部員が多く来院しますが

ピッチャーでボールを投げる瞬間に

肩や腰を痛める選手が多いです。

 

ボールをリリースする瞬間は腰や肩に

非常に強い力がかかっていますので

同じ動作の繰り返しによってオーバーユースとなり

疲労骨折や捻挫を起こしやすいと言われています。

「突然腰が痛くなりました」

と伝えてくれるのですが、話を聞いてみると

その前段階から練習がハードで疲労が蓄積して

いつ体が壊れてもおかしくない状態でした。

高校生になると、そんな状態でも

試合に出て結果を出さないとレギュラーから

落とされると思い、どうしても無理をしてしまい

がちです。

ですので、痛みが出る前に身体のケアを

日頃からからしっかり行っておくことが大切です。

イチロー選手が怪我をしないのは

毎日、欠かさず体のケアを行っているからです。

高校生で怪我をする野球選手は

自分の身体を鍛えることしか考えてなくて

ケアの大切さを頭では分かっていても、毎回欠かさず

時間をかけてやっている選手は少ないです。

練習が長い、もしくは練習がハードで

ケアする時間がないといいますが、実はここが一番大事

だと思います。

今まで多くの高校生アスリートを診てきましたが

怪我で苦しんだ選手は本当にたくさんいます。

怪我をしてからでは遅いんです。

パフォーマンスを上げるよりも、まずは怪我をしない

体作りをすることが最優先だと私は考えています。

結果だけを求めると、結果を出すための

練習メニューを組んでしまうのですが、

ぜひ怪我をしない練習メニューを組んでもらえると

嬉しいですね。

どんな一流選手でも怪我をしてしまえば

選手生命は絶たれます。怪我をしない選手が

一流選手かもしれませんね。

なぜ、今の高校野球児は怪我が多いのか?

 

一般的にはオーバーユースと言われています。

休みなく毎日、ハードな練習を行うことによって

疲労が回復せず、肉離れや肘や肩の靭帯損傷、疲労骨折

腰椎分離症・すべり症などを起こしてしまいます。

昔の高校野球児は今の高校野球児よりも

体が細く筋力も弱かったと思います。

今はトレーニングが進化したことによって

筋トレを行って食事の量を増やし筋肉を

肥大させて身体を大きくさせています。

これが実は怪我の原因になっていると

私は思っています。

では、どうしたら怪我をしなくなるかは

下記の3つだと私は思っています。

  • •無駄な筋力をつけない
  • •体をしっかり休ませる
  • •体重を無理に増やさない

パフォーマンスが下がるような無駄な筋肉をつけない

 

無駄な筋力をつけることによって

パワーはつくかもしれませんがスピードが

落ちてしまうと思います。

骨や靭帯は鍛えられないので

筋力をつけすぎると骨や靭帯に負荷がかかり

怪我の原因につながると思います。

例えば骨格が細いのに、身体を大きくするために

筋トレばかりしてしまうと筋力に骨や靭帯が耐えらず

故障する原因になると思います。

身体を定期的に休ませる

 

ハードな練習を続けているときは

身体を定期的に休ませないと

筋肉の疲労が蓄積して回復スピードが遅くなり

捻挫や肉離れなどを起こしやすくなります。

高校野球は練習量が非常に多いですが

練習の中に体を休ませる時間を作ることが

怪我の防止につながると思います。

練習の一環として筋トレをしても体を休ませて栄養を取らないと

筋肉は萎縮し疲労が蓄積して怪我をしやすくなります。

怪我の防止にはアイシングやストレッチ、

栄養補給も大切ですが休養が一番必要だと

現場で選手を治療していて私は感じています。

体重を無理に増やさない

 

下半身を安定させるために、1日5食など食事の量を

増やして無理やり体重を増やす傾向にあります。

軸がぶれにくくなるかと思いますが、腰など身体への

負担が大きくなり、腰椎分離症・すべり症が発症しやすく

なります。

身体が重くなればなるほど、身体への負担が大きくなります。

良い例がお相撲さんです。どんな力士でも怪我をしやすくて、

活躍できる時期が短いです。

下半身を安定させるために、1日5食など食事の量を

 

怪我をしやすい選手は試合前のウォーミングアップや

試合後のクールダウンを疎かにしています。

イチロー選手を見れば分かると思いますが

試合に入るための準備がどの選手よりも

時間をかけて入念に行っているので怪我をしにくく

メジャー現役選手最高齢の42歳になっても

活躍できるのはそのためだと思います。

誰よりも早くグラウンドに入って時間をかけてウォーミングアップを行う。

無駄な筋肉をつけてスピードが落ちないように、専用の筋トレマシーンで

パフォーマンスを上げるための筋肉を効率よく鍛えている。

試合後は必ずホテルで自分専用の足裏マッサージ機で足の裏の筋肉を

ゆるめて疲労を回復させている。

ここまで徹底して自己管理をしないと

怪我をしないというか、怪我をする確率が

高くなると思っています。

スポーツをするとよく怪我をする方が、この記事を読んで

少しでもお役に立てたなら嬉しいです。

肩や腕がしびれるバーナー症候群の原因、症状、対処法は?

  • ラグビーをやっている
  • 頭部に強い衝撃を受けた
  • 肩から腕に灼熱感が走った。

バーナー症候群とは

 ラグビーなどのコンタクトスポーツで

頭部に強い衝撃を受けた際に、

頭部が後方へ反らされ、腕神経叢という

首から頭にかけて、走っている神経の束が

刺激され、肩や腕に様々な症状が出る

疾患のことです。

 

また、症状の中に肩や腕に灼熱感が

走ることがあるのですが、その症状が、

バーナーであぶられたような熱さに似ているので

バーナー症候群と名づけられました。

バーナー症候群の原因は?

 ラグビーのタックルなどの頭部への衝撃により

神経根を刺激してしまうことが原因となります。

 

頭部への衝撃の際に、神経が必要以上に

引っ張られたり、骨と衝突することで

刺激を受けます

バーナー症候群の症状は?

症状としては、一時的な神経障害です。

 

具体的な症状として、肩や腕にかけてのシビレ、

脱力感、灼熱感、感覚異常、筋力の低下などです。

 

症状は一時的なもので、数分から数時間で症状は

収まります。

 

ですが、まれに数ヶ月の間症状が残るケースがあります。

 

このような場合には他の神経障害の疑いがあるので

病院に行くことをお勧めします。

バーナー症候群の対処法は?

受傷後約20日間は、安静に神経の

回復を待ってください。

 

神経が回復していない状態で再受傷を

繰り返すと、神経の肥大化や癒着により

神経症状が出やすくなるケースがあるので

しっかりと神経の回復を待ってください。

 

また、受傷直後のアイシングも効果的なので

氷水で10分間患部を冷やしてください。

マッサージで治らないひどい肩こりで、考えられる3つの原因と解消法

肩こりと聞くと肩周辺の筋肉(僧帽筋)が

ガチガチに固まっているからだと思い込んで

いる人はたくさんいると思います。

 

間違いではありませんが根本的な原因ではなく、

二次的な原因であることが多いです。

 

例えば肩こりがひどくて患部に湿布を貼ったり、

バンテリンを塗ったりストレッチをしたり、整体や

接骨院でマッサージをしてもらうとします。

 

その時はとても楽になってもまた元の状態に

戻ることってありませんか?

 

この場合、筋肉のはりは二次的な原因に当たります。

 

実は肩こりの根本的な原因は首や肩ではなく

他にあるのをご存知でしたか?

 

大きく分けると3つあるのですが、

足・腰・胸に原因があります。

 

「え~っ、そうなの!?」

 

って思いますよね。

 

なぜ、肩こりの根本的な原因が足・腰・胸に

あるのか詳しく解説していきます。

1:偏平足が原因

偏平足とは土踏まずがなくなってしまって

べた足になっている状態のことをいいます。

 

床を歩くとペタペタ音がする人は偏平足の疑い

あります。自分が偏平足かどうか判断するには

立った状態で土踏まずに人差し指、中指、薬指の

3本を入れてみます。

 

最低、指の第一関節まで入れば大丈夫ですが

入らない人は偏平足です。座った状態で指を

入れても体重がかからないので偏平足かどうかは

判断できません。

 

本題に入りますが、なぜ偏平足になると

肩こりになるのか?

 

それは、姿勢が変わるからです。

 

べた足になると足裏の内側の隙間がなくなるので、

足が内側に倒れます。そうなると身体が後ろへ

倒れます。

 

分からない人は立った状態で足の内側に力を

入れてみて下さい。ちょっと体が後ろへ倒れるのを

実感できると思います。

 

逆にO脚やがに股の人は足が外側に

倒れますので身体は前に倒れ、前傾姿勢に

なります。

 

変形性膝関節症など膝が悪いおばあちゃんや

おじいちゃんの姿勢をみれば分かりますよね。

 

話を戻しますが、身体が後ろへ倒れると

バランスととるために上半身は前側に倒れ

猫背の姿勢になります。

 

猫背になると頭が前に傾き、4~5㎏もある頭の

重みによって肩が前に引っ張られて筋肉が

緊張し、血行が悪くなって肩こりが発生します。

 

これが偏平足によって肩こりが起きるしくみです。

じゃあ、この場合肩こりで悩んでいる人はどうしたら

いいのって思いますよね?

 

実は対処法は簡単です。

土踏まずのある靴をはけばいいだけです。

 

夏であれば土踏まずのサンダルを履けば

大丈夫です。

 

靴のメーカーによっても土踏まずの部分の

大きさや固さが違います。

 

靴であればニューバランス(NB)をお勧めします。

 

サンダルであればホーキンスをお勧めします。

 

靴を変えたくない人は土踏まずのある中敷き、

インソールも売っているのでこちらを使用するのが

いいかと思います。

 

偏平足を根本的に治したい人は自宅でもサンダルを

履くことをお勧めします。

2:反り腰が原因

腰が原因で肩こりになる人は反り腰になっています。

反り腰とは腰が後ろへ倒れている状態です。

 

腰が少し反っているのが正常です。

 

自分が反り腰かどうか分からない場合は

床の上で仰向きで寝てみて下さい。

 

そして腰の下に手を入れてみて

手がす~っと入るようであれば反り腰の

疑いがあります。

 

反り腰になるとなぜ肩こりになるかと言いますと

偏平足のところでも説明しましたが肩こりの姿勢に

なってしまうということです。

 

腰が反ると身体の中心軸が後ろへ傾きます。

後ろに傾いた中心軸を元に戻すために上半身を

前に傾けます。この時に猫背になります。

 

後は偏平足の部分で説明したことと同じになります。

 

反り腰になる原因は2つあります。

 

1つは腹筋の低下、もう1つは骨盤の内側を走っている

筋肉(腸腰筋)の緊張です。

 

例えばデスクワークの人は腹筋を使うことが

少ないので筋力が低下していきます。

 

腹筋が低下するとお腹の重みで

腰が前に出てしまい反り腰になります。

 

立ち仕事の人は足や腰の筋肉が緊張

しやすくなります。

 

その中でも腸腰筋は立っている時、腰や骨盤を

安定させるために働く筋肉なので長時間立って

いると緊張します。

 

腸腰筋は骨盤、股関節から腰の骨の前側に

くっついているので過緊張すると腰骨を前に

引っ張り反り腰となります。

 

中年になると代謝が悪くなりお腹に脂肪が

つきやすくなります。

 

お腹が出てくると、もうお分かりですよね。

 

腰が反る原因になります。

 

反り腰を防ぐには腹筋を鍛え、腸腰筋を

ストレッチするしかありません。

 

ぽっこりお腹の人はダイエットが必然ですね。

 

腹筋は腰骨の前側にあるので腰が反り過ぎ

ないように壁の役割をしてくれます。

 

また、過緊張した腸腰筋が緩むと腰椎を

強く前に引っ張らなくなります。

腹筋の鍛え方

腹筋の鍛え方で大事なことはポジションです。

 

上の写真のように股関節と膝関節を90度曲げます。

 

この姿勢で腹筋を鍛えると効果が大きいです。

 

足を上げるのがつらい人は椅子の上にふくらはぎを

のせて行ってください。

 

この時も股関節と膝関節が90度になるようにします。

椅子がない人は足裏を壁に押しつけて行ってください。

 

上記の姿勢がとれたら、頭に両手を当てて頭を固定し、

おへそを見るように頭を持ち上げます。上げる角度は

肩甲骨が少し浮くまででOKです。

 

注意してほしいのは足裏を床につけて

膝関節を45度曲げて行う腹筋です。

 

腹筋というとこの姿勢で行う人が圧倒的に

多いですが、効果は小さいです。

 

なぜなら腹筋だけでなく腸腰筋も鍛えられて

しまうからです。2つの筋肉を同時に鍛える

ということは力が分散してしまいます。

 

また、腸腰筋を鍛えることによって緊張し過ぎると

反り腰になる原因にもなりますので注意して下さい。

腸腰筋のストレッチ

骨盤の内側を走っている腸腰筋のストレッチは

ちょっと難しいですが頑張ってトライしてみて

下さい。

 

最初に写真のような姿勢をとります。

 

膝が床に当たるので、痛い人は膝下にタオルや

クッションを敷いてください。

 

手で後ろ足の足首を持って体を前に移動させます。

 

この時に後ろ足側の骨盤の内側が伸びている感じが

あればストレッチが上手くできています。太ももも

同時に伸びます。

 

写真では右側の骨盤の内側が伸びています。

 

写真のような姿勢がとれない、身体がかたくて

できない、膝を曲げると痛い人は下記の動画を

参考にして腸腰筋をストレッチしてみて下さい。

胸の筋肉が原因

「肩こりの原因が胸の筋肉!?」

 

って思う方がいるでしょう。

 

なぜ、胸の筋肉が肩こりに影響を

与えているのか知りたいですよね。

 

胸の筋肉は大きく分けると2つあります。

 

1つはみなさんご存知の大胸筋、

そしてもう1つは小胸筋です。

 

この小胸筋が肩こりと深く関係しています。

 

小胸筋はどこにあるかといいますと

肩甲骨から前側の肋骨にかけて走っています。

 

小胸筋が過緊張すると肩甲骨を前に引っ張り

肩が内側に入って丸くなり、肩こり筋の僧帽筋が

伸ばされて緊張し血行が悪くなって肩こりになります。

 

小胸筋が緊張するときは、腕を少し上げて

作業をしているときです。

 

例えばスマホを長時間さわっている時、

長時間運転、パソコンによる長時間

デスクワーク、料理を作っている時、

赤ちゃんを両手で抱っこしている時、

電車で立って吊り輪を持っている時、

立って本を読んだりしている時、

筋トレで胸の筋肉を鍛えている時です。

 

小胸筋が過緊張すると肩こりだけでなく手が

しびれることもあります。

 

小胸筋の下には神経や血管(腕神経叢・鎖骨下動脈)

が通っているため圧迫されると腕から手にかけて痛みや

しびれが発症します。

 

対処法としては小胸筋の過緊張によって肩甲骨が前に

移動しているので肩甲骨を後ろへ移動させるストレッチを

行うと肩こりが軽減します。

まとめ

肩こりで首や肩をマッサージしても良くならない、

接骨院や整体に行っても治らない人は上記の

3つの原因を疑ってみて下さい。

 

他にも内臓の機能低下によって肩こりになる

ことがあります。

 

例えば身体の左側にある胃や膵臓の調子が

悪いと左側に肩こりが発症します。

 

身体の右側にある肝臓や胆嚢の調子が

悪いと右側に肩こりが発症します。

 

また横隔膜によって肝臓や胃が靭帯(間膜)に

よって固定されているため横隔膜が緊張すると

内臓を包んでいる膜が引っ張られて痛みが出ます。

 

内臓に痛みが出ますと、肩こりなど身体にも

痛みが出ます(内臓体性反射)。

 

横隔膜や首の筋肉(頚板状筋・頭板状筋)を

支配している横隔神経が肝臓の膜、腹膜、

胆嚢、胃、膵臓に分布しているので

横隔神経が圧迫されると痛みが出ます。

 

横隔神経は頸椎の3番から5番をから出てるので

その部分の頸椎の歪みを矯正すれば神経の圧迫が

なくなります。

 

ちょっと難しかったかもしれませんが、

肩こりが治らない人にとって少しでも

参考になれば嬉しいです。

赤ちゃんに多い筋性斜頚とは?治療するなら手術?

  • 生後すぐの赤ちゃんに見られる
  • 首が傾いている
  • 首にしこりのようなものがある
  • 顔がいつも同じ方向を向いている

筋性斜頚とは?

生後すぐの赤ちゃんに多くみられる疾患です。

 

胸鎖乳突筋という耳の下あたりから鎖骨に

かけて走っている筋肉が左右あるうちの

片方だけに、筋収縮を起こしてしまい

首が傾いてしまう疾患です。

筋性斜頚の原因は?

分娩時に、体の一部が産道に引っかかったり

引っ張られたりした際に、胸鎖乳突筋が損傷を

受け、瘢痕ができることによって発生します。

 

 

特に、逆子や初産、難産の時に筋性斜頚が

発生します。

筋性斜頚の症状は?

・右側の胸鎖乳突筋が原因になっている場合は、

首が右側に傾き、さらに顔が左側を向いているような

姿勢になります。

 

・斜頚になった首が治らずに(もしくは気づかれずに)

成長すると患者本人が傾いた首をかばおうとして、

その代償として背骨が曲がってしまい姿勢異常も

発生します。(体全体が傾いているような姿勢)

 

・筋性斜頚の赤ちゃんの場合、生後一週間頃に

首の胸鎖乳突筋に小さな腫瘤(しこりのようなもの)が

出来、2~3週間ごろには目で見てわかるほどの

腫瘤になります。

 

2~3週間以降は腫瘤は徐々に小さくなり、

1歳半頃には腫瘤が自然消滅していく場合が

ほとんどです。

 

・首が傾き顔が首とは違う方向を向くので

顔が左右非対称になる場合もあります。

筋性斜頚の対処法は?

・基本的には、経過観察で自然治癒が見込めるので

具体的な対処法などはありません。

 

・具体的な対処法はありませんが、日常的に行える

対処法としてミルクをあげるときや、あやす時などは、

積極的に普段傾いている反対側から動作を行う

ようにして、首を回すことを促すことが大切です。

知らなかった!?精神内科医による、ちょっと変わった肩こり改善方法

たった1回でかなり肩こりが楽になりました!<肩こり>

肩こりがひどくて、マッサージに

行ったりしてましたがなかなか

良くなりませんでした。

 

ホームページを見て、すぐ予約しました。
親切に説明して下さり、たった1回で

かなり肩こりが楽になりました。

 

しばらく通院して、肩こりを

治したいと思ってます。

高木麻由美様 春日井市 52歳

脳の誤作動による肩こり

肩こり改善のスペシャリストである

精神内科の教授がテレビで語っていた内容です。

 

脳の誤作動による肩こりを見つける方法は

姿勢のチェックです。

 

特に頭の傾きや肩の左右の高さです。

 

先生曰はく、誰かと話すときに

相手の横に座るときに毎回、右に座る

もしくは左に座る場合に身体がゆがむと

伝えています。

 

どういうことかと言いますと

横に座るということは首を一定方向に

向けて話すということです。

 

ですので首を話す相手に対して

倒したり横に回したりする習慣によって

頭が傾いたり、肩が下がるそうです。

 

改善法としてハンガーを使って

こめかみを刺激していましたが

私は離す相手の横に座るのではなく

正面に向かって話す習慣に切り替えれば

姿勢が改善されると思います。

 

もう一つの改善方法として

昼の15分の仮眠ですね。

 

これによって、頭や肩のゆがみを

引き起こす首の前にある胸鎖乳突筋の

緊張をゆるめる作用があるそうです。

 

これは私も同感です。

 

頭の重たさは実は5㎏前後あり、頭の位置が

身体の中心よりもずれてしまうと、首の筋肉に

緊張を与えるので、寝ることによって肩こり筋である

僧帽筋や胸鎖乳突筋がゆるみ、緊張がとれるという

ことです。

 

他にも、カバンを持つ時に毎回、右の方に

かけたり、右手で持っているくせがある

姿勢がゆがむ原因になります。

 

これを改善するためには、いつもとは反対の

行動をすることをお勧めします。

 

今、肩こりで悩んでいる方は

 

①相手と話すときは横ではなく正面に向かって話す

②15分の午睡

③いつもの行動パターンを見直し、逆の行動パターンに切り替える

 

ぜひ、上記のことを続けてやってみてほしいと思います。

 

最低、2週間続けると脳の誤作動が改善されるの

姿勢が変化し、肩こりが楽になることを実感できると

思います。

 

脳の誤作動とは、歪んだ姿勢を正しいと

思い込んでいることです。

ストレートネックと寝違えの違い

姿勢が原因で発症する肩こりの大半首の骨(頚椎)のバランスに

問題があります。

 

日本人は他の国と比べて特に頚椎が真直ぐ(ストレートネック)な

人が多いのですが、普通は少しカーブしています。

 

このカーブがクッションの役割をして重たい頭を支えているのです。

頚椎が真直ぐな人の外見は、横から見ると首の位置が中心よりも

前に出てしまい、あごが上がっている状態です。

 

こうなると頭の重みで首の付け根が痛くなったり、首から肩にかけての

筋肉が引っ張られ凝ってしまったり、症状がでます。

ストレートネック

ストレートネックという言葉はよく聞いたことが

あるかと思いますがどんな状態かは分からない方が

多いと思います。

 

訳すと「真っ直ぐな首」という意味なのですが

首の骨は7つあり、それが真っ直ぐなラインに

なってしまっていることです。

 

一般的には緩やかなカーブを描いています。

これによって首の骨がスプリングの役割をして

重たい頭を支えることができ、さらに頭の位置を

身体の中心に位置することができます。

 

ストレートネックになると頭の位置が前に垂れ下がって、

目線が下がるため、真っ直ぐにするために

顎を上げて調節します。

 

この時に後頭部の筋肉が緊張し、その筋肉から出ている

神経や血管を圧迫します。この神経や血管が頭を通っているので

頭痛や片頭痛を引き起こすことになります。

 

ストレートネックになると首の骨が棒のようにかたくなり

竹のようにしならなくなるので、頭の位置を後ろへ戻そうとすると

どうしても顎が上がってしまい後頭部に負担がかかってしまいます。

 

ストレートネックになる原因としては、下を向いて長時間

作業をしている方がなりやすいです。

 

年々、ストレートネックになる人が増えているのは

パソコンやスマホの時間が増え続けているので

ある意味、現代病だと思います。

 

今後も増々増え続ける危険性がありますので

注意が必要です。

寝違え

寝ちがえは一言で説明すると首のねんざです。

 

寝ちがえによって痛める場所(筋肉)は肩甲骨から

首にかけての筋肉(肩甲挙筋)やくびの前側の

筋肉(胸鎖乳突筋)が多いです。

 

くびの前側の胸鎖乳突筋は首のコルセットの

役割をしています。

 

交通事故などによってむちうち症になったときに

この筋肉が過剰に働いて、首が動かないよう固定

しますので負担がかかり痛みがでます。

 

忘れてはいけないことは安静やアイシングをしても

痛み・シビレ・だるさがひかない場合は、

頚椎椎間板ヘルニアからくることが多いです。

 

もし、痛・シビレ・だるさみが長いあいだ軽減しなければ、

一度整形外科でみてもらったほうがいいとおもいます。

ストレートネックと寝違えの違い

朝おきて首が痛いから寝違えだと思って

安静にして湿布を貼っておけば

いつか治ると思っている方がいます。

 

ですが、もしも痛みが引かなければ、それは

ストレートネックによる首の痛みの可能性があります。

 

寝違えの場合は、安静にすれば少しずつ引いていきますが

ストレートネックの場合は痛みが引かないばかりか、悪化する

こともあります。

 

特に首を回すと痛みが走り、上を向くことができません。

ストレートネックは直ぐに発症することは少なく、時間を

かけて起きることがほとんどです。

 

毎日、8時間デスクワークのお仕事

荷物の検品、レジ打ち、スマホのやり過ぎなど

下を向いて作業をしていることが日々続くと

その積み重ねによって首の骨が真っ直ぐになり

かたまってストレートネックになっていきます。

 

もしも朝起きて、首が痛い場合、患部を氷水で

冷やしても痛みが引かない、首が回らない場合は

ストレートネックが原因である可能性があるので

病院でレントゲンを撮ってチェックしてもらいましょう。

 

そうすれば、自分の首がストレートネックかどうか

直ぐに分かります。