打撲をしてから足がパンパンに!「急性コンパートメント症候群」

  • 打撲をした
  • 骨折をした
  • 歩くと痛みが出る
  • 内出血が多量
  • 手や足がパンパンになり光沢がある

急性コンパートメント症候群とは?

腕(前腕)や足(ふくらはぎ)には、いくつかの区画

(コンパートメント)と言うものが存在していて

区画には、神経・血管・筋肉が集まっています。

 

この区画の中の圧が骨折や打撲などの外傷によって

異常に高くなってしまい様々な症状を及ぼす疾患です。

 

急性コンパートメント症候群は、特に下腿(前方区画)に

多く発生します。

急性コンパートメント症候群の原因は?

・打撲、骨折、捻挫、などの外傷。

 

・ギプスや包帯により外傷部位が

圧迫されて起こる場合もあります。

急性コンパートメント症候群の症状は?

・皮膚の光沢

区画内圧の上昇により皮膚がパンパンになります。

 

・手足の痙攣

 

・運動時痛

 

・手足が動かしにくい

 

・神経の麻痺

急性コンパートメント症候群は24時間以内に処置を

しなければ区画内の組織が死んでしまい、手や足に

神経性の麻痺がおこり重篤な変形が残ってしまいます。

急性コンパートメント症候群の後遺症は?

・神経や筋肉の壊死。

 

・鷲手変形(写真)などの変形・拘縮。

急性コンパートメント症候群の対処法は?

・急性コンパートメント症候群は直ちに病院に行き

筋膜切開(皮膚を切りコンパトメント内の内圧を逃がす手術)

を行う必要があるので急性コンパートメント症候群の症状が

見られれば救急車を呼んでください。

 

・通常の外傷の場合ではRICE処置(安静・冷却・圧迫・挙上)を

行いますが急性コンパートメント症候群の場合はRICE処置は

安静にすること以外は行わないでください。

冷却・圧迫・挙上を行うと急性コンパートメント症候群の

進行を助長してしまいます。

ヒールを履いたら、かかとの少し上が痛い!「アキレス腱滑液包炎」とは?

  • かかとの少し上が痛い
  • ヒールを良く履く
  • 偏平足

アキレス腱滑液包炎とは?

アキレス腱には、滑液包と言う

クッションのようなものが2種類あり、

 

アキレス腱と皮膚の間にアキレス腱皮下滑液包炎、

踵骨(かかとの骨)とアキレス腱の間に踵骨後部滑液包炎

 

があり、この二つのどちらか1つもしくは2つが炎症を起こし

痛みが出るのをアキレス腱滑液包炎と言います。

アキレス腱滑液包炎の原因は?

アキレス腱滑液包炎は10~30代の女性に多く、

ちょうど、スパイクやヒールなどを履く時期と重なっています。

 

スパイクやヒールなどの、革が硬い靴を履くと、かかとの

部分で摩擦が起き、アキレス腱滑液包炎が起こります。

 

靴関係の原因としては、靴があっていないために、

小さすぎても大きすぎてもアキレス腱の滑液包にストレスが

かかり炎症が起きてしまいます。

 

靴以外の原因としては偏平足があります。

 

偏平足だと、足が傾きアキレス腱の滑液包にストレスが

かかりやすくなり、炎症が起き滑液包炎を起こしやすいです。

アキレス腱滑液包炎の症状は?

・アキレス腱部の腫れ

 

・アキレス腱を押すと痛みが出る。

 

・運動した時に腫れてる部分に痛みが出る。

 

などが挙げられます。

アキレス腱滑液包炎の対処法は?

安静にしてもらうのが一番いいですが、

なかなか安静にするのは、難しいので簡単な

対処法を紹介します。

 

・かかと部の少し高い靴を履くようにする。(ヒール以外で)

かかとが高い靴を履くことによって、アキレス腱を

少し収縮した状態で歩くことになるので、アキレス腱や

滑液包への負担が軽くなります。

 

・偏平足の方は、偏平足用のインソールなどが

市販されてますので、そちらを使ってまずは偏平足を

治していきましょう、また、かかとの少し高い靴を用意できない方は、

かかとを少し上げれるようなインソールが市販されているので

そちらを使われるといいかもしれません。

 

・ヒールを履いている人は、ヒールではなくかかとの所が

柔らかい靴を履くようにしましょう。

足の親指の付け根の裏側が痛い種子骨障害の原因や対処法は?