筋トレで肩を痛めず筋肉をつけるには、「大きな負荷」よりも「正しいフォーム」

ジムで筋トレをして肩を痛めて当院へ

 

くる方が結構多いです。

 

 

どんなトレーニングをすると肩を痛めることが多いかと
いいますと、筋トレ器具で胸に向かって引っ張る
動作や天井に向かって腕を真上にあげる動作の筋トレです。

 

 

 

このトレーニングで胸の筋肉や肩の筋肉を
鍛える目的なのですが負荷をかけすぎると
肩の関節にダメージを与えてしまいます。

 

 

 

筋肉を鍛えるためには負荷をかけないと
いけないのですが、自分の身体にあった
負荷でトレーニングを行わないと失敗します。

 

 

 

肩を痛めないで効果的に鍛える筋トレは
70%の力で筋トレできる負荷で正しいフォームで

 

ゆっくり行うことです。

 

 

 

 

多くの方は負荷をかけて思いっきり
限界ぎりぎりで筋トレをしています。

 

 

 

どうしても力いっぱいやれば
筋肉がつくと思いがちですが
直ぐには筋肉はつかないので
最低3ヶ月はかかります。

 

 

 

話を戻しますが、胸の筋肉や
肩の筋肉を鍛えすぎると、肩の関節の
隙間が狭くなったり、肩の関節がゆがむことが
あります。

 

 

 

この状態で腕を内側にストレッチすると
肩の関節がさらに狭くなったり、
肩の関節を形成する肩甲骨と腕の骨が
ぶつかって痛みが出ることがあります。

 

 

 

施術としては、肩の関節は1つではなく
4つあるので全ての関節の可動域を検査して、
4つの中のどの関節が問題なのか確認してから
施術します。

 

 

 

原因が分かれば、直ぐに良くなりますが
良い状態を維持することは難しいので
通ってもらうことになります。

その他の記事