ストレートネックと寝違えの違い

姿勢が原因で発症する肩こりの大半首の骨(頚椎)のバランスに

問題があります。

 

日本人は他の国と比べて特に頚椎が真直ぐ(ストレートネック)な

人が多いのですが、普通は少しカーブしています。

 

このカーブがクッションの役割をして重たい頭を支えているのです。

頚椎が真直ぐな人の外見は、横から見ると首の位置が中心よりも

前に出てしまい、あごが上がっている状態です。

 

こうなると頭の重みで首の付け根が痛くなったり、首から肩にかけての

筋肉が引っ張られ凝ってしまったり、症状がでます。

ストレートネック

ストレートネックという言葉はよく聞いたことが

あるかと思いますがどんな状態かは分からない方が

多いと思います。

 

訳すと「真っ直ぐな首」という意味なのですが

首の骨は7つあり、それが真っ直ぐなラインに

なってしまっていることです。

 

一般的には緩やかなカーブを描いています。

これによって首の骨がスプリングの役割をして

重たい頭を支えることができ、さらに頭の位置を

身体の中心に位置することができます。

 

ストレートネックになると頭の位置が前に垂れ下がって、

目線が下がるため、真っ直ぐにするために

顎を上げて調節します。

 

この時に後頭部の筋肉が緊張し、その筋肉から出ている

神経や血管を圧迫します。この神経や血管が頭を通っているので

頭痛や片頭痛を引き起こすことになります。

 

ストレートネックになると首の骨が棒のようにかたくなり

竹のようにしならなくなるので、頭の位置を後ろへ戻そうとすると

どうしても顎が上がってしまい後頭部に負担がかかってしまいます。

 

ストレートネックになる原因としては、下を向いて長時間

作業をしている方がなりやすいです。

 

年々、ストレートネックになる人が増えているのは

パソコンやスマホの時間が増え続けているので

ある意味、現代病だと思います。

 

今後も増々増え続ける危険性がありますので

注意が必要です。

寝違え

寝ちがえは一言で説明すると首のねんざです。

 

寝ちがえによって痛める場所(筋肉)は肩甲骨から

首にかけての筋肉(肩甲挙筋)やくびの前側の

筋肉(胸鎖乳突筋)が多いです。

 

くびの前側の胸鎖乳突筋は首のコルセットの

役割をしています。

 

交通事故などによってむちうち症になったときに

この筋肉が過剰に働いて、首が動かないよう固定

しますので負担がかかり痛みがでます。

 

忘れてはいけないことは安静やアイシングをしても

痛み・シビレ・だるさがひかない場合は、

頚椎椎間板ヘルニアからくることが多いです。

 

もし、痛・シビレ・だるさみが長いあいだ軽減しなければ、

一度整形外科でみてもらったほうがいいとおもいます。

ストレートネックと寝違えの違い

朝おきて首が痛いから寝違えだと思って

安静にして湿布を貼っておけば

いつか治ると思っている方がいます。

 

ですが、もしも痛みが引かなければ、それは

ストレートネックによる首の痛みの可能性があります。

 

寝違えの場合は、安静にすれば少しずつ引いていきますが

ストレートネックの場合は痛みが引かないばかりか、悪化する

こともあります。

 

特に首を回すと痛みが走り、上を向くことができません。

ストレートネックは直ぐに発症することは少なく、時間を

かけて起きることがほとんどです。

 

毎日、8時間デスクワークのお仕事

荷物の検品、レジ打ち、スマホのやり過ぎなど

下を向いて作業をしていることが日々続くと

その積み重ねによって首の骨が真っ直ぐになり

かたまってストレートネックになっていきます。

 

もしも朝起きて、首が痛い場合、患部を氷水で

冷やしても痛みが引かない、首が回らない場合は

ストレートネックが原因である可能性があるので

病院でレントゲンを撮ってチェックしてもらいましょう。

 

そうすれば、自分の首がストレートネックかどうか

直ぐに分かります。