赤ちゃんに多い筋性斜頚とは?治療するなら手術?

  • 生後すぐの赤ちゃんに見られる
  • 首が傾いている
  • 首にしこりのようなものがある
  • 顔がいつも同じ方向を向いている

筋性斜頚とは?

生後すぐの赤ちゃんに多くみられる疾患です。

 

胸鎖乳突筋という耳の下あたりから鎖骨に

かけて走っている筋肉が左右あるうちの

片方だけに、筋収縮を起こしてしまい

首が傾いてしまう疾患です。

筋性斜頚の原因は?

分娩時に、体の一部が産道に引っかかったり

引っ張られたりした際に、胸鎖乳突筋が損傷を

受け、瘢痕ができることによって発生します。

 

 

特に、逆子や初産、難産の時に筋性斜頚が

発生します。

筋性斜頚の症状は?

・右側の胸鎖乳突筋が原因になっている場合は、

首が右側に傾き、さらに顔が左側を向いているような

姿勢になります。

 

・斜頚になった首が治らずに(もしくは気づかれずに)

成長すると患者本人が傾いた首をかばおうとして、

その代償として背骨が曲がってしまい姿勢異常も

発生します。(体全体が傾いているような姿勢)

 

・筋性斜頚の赤ちゃんの場合、生後一週間頃に

首の胸鎖乳突筋に小さな腫瘤(しこりのようなもの)が

出来、2~3週間ごろには目で見てわかるほどの

腫瘤になります。

 

2~3週間以降は腫瘤は徐々に小さくなり、

1歳半頃には腫瘤が自然消滅していく場合が

ほとんどです。

 

・首が傾き顔が首とは違う方向を向くので

顔が左右非対称になる場合もあります。

筋性斜頚の対処法は?

・基本的には、経過観察で自然治癒が見込めるので

具体的な対処法などはありません。

 

・具体的な対処法はありませんが、日常的に行える

対処法としてミルクをあげるときや、あやす時などは、

積極的に普段傾いている反対側から動作を行う

ようにして、首を回すことを促すことが大切です。