椅子に座るとお尻(尾てい骨)が痛い!これって仙骨、座骨神経痛、それともヘルニアなの?

こんな悩みはありませんか?

  • 椅子に座るとお尻や尾てい骨が痛くなる
  • 腰からお尻、足にかけて痛い・しびれる
  • 運動した後、お尻が痛くなることが多い
  • お尻が痛くて長時間座ってられない

最近、椅子に座るとお尻が痛くなるんですけど・・・これって病気

先日、映画館に行って長時間椅子に座っていたら

 

「なんか、お尻が痛いなぁ~」

 

と感じて、上映中なのにお尻の位置を

何度も移動させて痛みなのないポジションを

探していました。

 

お尻の位置を変えて痛みがなくなる場所を

見つけるのですが、少し時間が経つと再び

痛みが出始め、またお尻の位置を移動させて・・・

 

きっと隣の席の人は大迷惑だったでしょう。

もぞもぞしていましたからね、ごめんなさい!

 

映画館の椅子に座ると痛いだけで、普通の椅子に座れば

痛くないのでは思い、仕事で使っている椅子に座ったら

 

「い、痛い!」

 

正直、困りましたね。椅子に座れませんから。

お尻が痛くならない椅子はないものかと探していたら

ありました!ありました!

 

それは、、、ソファーです!

 

お尻が当たる部分が柔らかいと痛みがでないんです。

これって、お尻の中で何が起きているんでしょうか?

 

自分では施術ができないので

接骨院、整体、病院で調べてもらいました。

 

仙骨が歪んでいる!?

最初にネットで調べて近くの接骨院に行ってみることに。

先生に今の状況を伝えて、身体チェックしてもらいました。

うつ伏せになって、お尻を触られた時、

 

「これは仙骨が歪んでいるね!」

 

「せ、せんこつ!?先生、仙骨ってなんですか?」

 

「あっ、失礼。専門用語でした。仙骨はお尻の骨で

ホームベースの形をしています。この骨が

歪んでいる可能性があります」

 

「歪むと痛いんですか?」

 

「100%痛くなることはないんですが、

痛くなることが多いです」

 

「そうなんですね」

 

「仙骨は前後、左右に動き、あと回転もするのですが、

仙骨が歪むことによって、神経を包んでいる膜が捻じれて

痛みが出ることが多いんです」

 

「なるほど!仙骨と神経を包んでいる膜が

つながっているのですね」

 

「そうなんです。他にも仙骨が歪むことによって

影響が出るところがあります」

 

「それはどこですか?」

 

「仙腸関節です」

 

「せ、せんちょうかんせつ!?」

 

なんか、聞いたことがあるような気がするけど

どこの関節かよく分からないな。

 

「仙腸関節は・・・・」

 

直ぐに先生が模型で場所を教えてくれて

説明が続いた・・・

仙腸関節がズレている

先生は続けて

 

「仙腸関節は骨盤の中の仙骨と腸骨の連結部分を

言うのですが、この仙腸関節がグラグラに緩んだり

かたくなっていることがあるんです」

 

「へぇ~~~~~」

 

「仙腸関節がグラグラになるとどうなるか分かります?」

 

「グラグラになるわけだから不安定に

なるんじゃないですか」

 

「そうですね。グラグラになるということは仙腸関節が

動き過ぎてしまうんです」

 

「それでどうなるんですか?」

 

「動き過ぎるということは、関節同士で摩擦が生じて

炎症が起きます。この時に痛みが出ます」

 

「なるほど、関節同士がこすれあうんですね。

で、先生、この時はどうすればいいんですか?」

 

「痛い場所を氷水で10分間冷やして、骨盤ベルトでしっかり

仙腸関節を固定します。そうすれば、痛みが引きますよ」

 

 「なら簡単ですね!これなら自分でもできそうです。

ところで仙腸関節がかたい場合にはどうしたらいいですか?」

 

「これは仙骨を矯正するしかありません。自分では矯正は

できないので矯正ができる施術院で受けてもらうことが

いいと思います。

 

「で、先生は仙骨を矯正できるのですか?」

 

「もちろんですよ!それが専門ですからね。ですが

○○さんの痛みの仙骨の歪みではなく、他の原因だと

思われます。たぶんですが、痛みの場所から尾てい骨の

歪みが根本的な原因だと思います。

 

「えっ!尾てい骨って歪むんですか?」

 

「それほど多くはないのですが、尻もちをついたり

長時間、床や地面に座ったり、上下に動く乗り物に

乗っていると尾てい骨が歪むことがあります。

 

「あっ、もしかしたら一週間前にスノボで転倒し

しりもちをついたから、それが原因かもしれません」

 

「そうですね。スノボーで尾てい骨を痛める人は

結構多いです」

 

「そうなんですね」

 

「私は仙骨は矯正はできますが、尾てい骨は

矯正できないので、知り合いの整体の先生を

紹介しますから、そこへ行ってください」

 

「分かりました、先生。ありがとうございます」

 

先生に2度お礼を言ってから、紹介してもらった

整体の先生のところへ急いで向かった。

 

車を運転している時、お尻を少し浮かしていた

ことに気づいた

尾てい骨(尾骨)が歪んでいる

「こんにちは。○○先生の紹介で来ました●●です」

 

「はじめまして。○○整体の○○です。●●さんですね。

お待ちしておりました。どうぞ、こちらへお入りください」

 

「ハイ、ありがとうございます」

 

爽やかなアロマの香りが漂う、清潔感のある待合室に

案内され、ふかふかのソファーに座って、差し出された

アンケート用紙に名前から記入した。

 

「○○先生の話だと、お尻が痛いって聞きましたが」

 

「そうなんです。お尻が痛くて映画館に椅子に座れなくて。。。

たぶん、先週行ったスノボでしりもちをついたことが原因だと

思うのですが」

 

「なるほど、で、どこが痛いのですか?」

 

「ここです!」

 

と先生にお尻を向けて尾てい骨を指差した。

 

「ここですね」

 

「ハイ」

 

「ちょっと触りますけど痛いですか?」

 

「強く押さえられると痛いです」

 

「痛めたから頭痛はありましたか?」

 

「ず、頭痛ですか!?あっ、そういえば

しりもちをついてから数日、軽い頭痛がありました。

えっ、これって尾てい骨と関係しているのですか?」

 

「実は関係しているんですよ」

 

「へぇ~、意外ですね」

 

「○○さんの場合、尾てい骨の歪みが原因で

お尻が痛くなっていると思います。尾てい骨が歪むと

かたい椅子に座ると痛みが出たり、頭痛が出たりするんです」

 

「尾てい骨ってどう歪むんですか?」

 

「尾てい骨がお尻の中に入り込むようになります」

 

「えつ、お尻の中に!?」

 

「そうです。ですので中に入り込んでいるのを外に

出さないと痛みは消えません」

 

「で、どうやって出すんですか?」

 

「病院ではお尻に指を入れて尾てい骨を

引っ張り出すのですが、それは嫌ですよね」

 

「あたり前じゃないですか!それに先生に

お尻を見せるなんて恥ずかしいですよ!!」

 

「そうおっしゃると思いました。でも安心して下さい。

お尻に指を入れなくても尾てい骨を引っ張る

方法もありますので」

 

「それは安心しました」

 

もしも、お尻の中に指を突っ込まれそうに

なったら、間違いなく断わるだろうな。

 

「では、施術しますので、このベッドに寝て下さい」

 

え、もう始めるの?と思ったら

ベッドに寝かされていた。

 

「後ろから尾てい骨を触って引っ張りますから

痛かったら言ってくださいね」

 

「は、ハイ」

 

実際に施術となると少し不安になった。

 

施術が始まると、先生の指がお尻の中に入り込んだ尾てい骨の

表面に当たって、頭の方へゆっくり引っ張られていく

のを感じた。

 

「●●さん、痛くないですか?」

 

「痛くないです」

 

「もう少しで終わりますから、もし途中で痛かったら

遠慮なく言ってくださいね」

 

想像していたよりも痛くなく、ただ、触られている

感じだった。

 

「ハイ、終わりです」

 

「えっ、もう終わりですか?」

 

「ハイ、尾骨の歪みがなくなりましたから。

これで一度、こちらのかたい椅子に座って

みて下さい」

 

ベッドから立ち上がって、恐る恐る椅子に

座ってみると、

 

(い、痛くない!うそぉ~~~~!?)

 

「どうですか?」

 

「先生、痛くないです」

 

「では、椅子から立ち上がってもらえますか?」

 

「ハイ」

 

ゆっくり立ち上がってみると、これまた

痛くな~~~い!

 

「先生、椅子から立ち上がっても痛くなりません」

 

「じゃあ、もう大丈夫ですね」

 

「これでもういいんですか?」

 

「ハイ、あとは痛みが完全に消えるまでは、かたいところに

座らなければ大丈夫です。かたい布団やベッドで寝ることも

NGですね」

 

「分かりました。あと先生、尾てい骨の痛みは引いたんですか

お尻が痛いのは尾てい骨と関係していますか?」

 

「お尻のどこですか?」

 

「ここです!」

 

「お尻のくぼみですね!これはもしかして

梨状筋症候群といって、お尻の筋肉が

緊張しているかもしれません。ちょっと

チェックしてみましょう!」

 

「よろしくお願いします」

お尻の筋肉がかたい(梨状筋症候群)

もう一度、ベッドにうつぶせになって

先生が左右のお尻を触ってチェックした。

 

次に両足を直角に曲げて外側へ倒した。

一体、何をやっているんだろうと思ったが

全く心配はなかった。お尻の痛みが消えたから。

 

「●●さん、仰向きになってもらえますか」

 

「ハイ」

 

「膝を伸ばしたまま片足を上げていくので

痛かったら言ってください」

 

「分かりました」

 

先生は私の顔を眺めながら、ゆっくり足を

上げていった。

 

「どうですか?」

 

「ちょっと太ももが突っ張ります」

 

あれ!?、もしかして、さっき先生が言っていた

梨状筋症候群なの?ちょっと不安になった。

 

「では、もう一度足を上げていきますので

痛かったら言ってくださいね」

 

今度は足先を外側に向けてから先生は

足を上げていった。

 

「どうですか?」

 

「さっきと同じです。太ももが突っ張ります」

 

「そうですか。これは、たぶん梨状筋症候群ではなくて

太ももの筋肉がかたいだけですね」

 

先生は笑っていた。

良かった。梨状筋症候群ではないんだ。

 

「これで、もう大丈夫だと思いますが念のため

私が紹介する病院で腰のMRIを撮ってきてもらえますか?」

 

何でお尻の痛みが消えたのにMRIを撮りに

いかないといけないのだろう。

 

「お尻の痛みは、尾てい骨のゆがみだけでなく

ヘルニアでも痛みがでることがあります。

●●さんの場合、ヘルニアではないと思いますが

万が一もありますので、いいですかね」

 

「分かりました。先生がおっしゃるなら病院へ

行ってきます」

 

「ありがとうございます。では紹介状を書きますので

ちょっと待合室で待っててくださいね」

 

私は先生にお礼を言ってから外に出て、待合室に座って

お尻の感覚を確認したが痛くなかった。嬉しかった。

ヘルニアではなかった

病院へは明日、行こうと思ったが

心配だったので直ぐに行くことに決めた。

 

先生に書いてもらった紹介状を持って

腰痛専門の整形外科に車で向かった。

 

運転中もお尻の痛みはなかった。

 

整形外科には学生時代に通ったことが

あるだけで、大人になってから一回もお世話に

なったことがない。

 

レンガ色のモダンな建物の中には

患者さんでいっぱいだった。

 

「あの~、初めてなんですが、●●先生の紹介で

来ました」

 

「●●先生ね。紹介状はありますか」

 

「ハイ」

 

目の前にいる受付スタッフの笑顔が私の不安を

消し去ってくれた。

 

「ちょっと、今、混雑していますので

30分位、待合室で待ってもらえますか」

 

「分かりました」

 

広々とした待合室にカラフルな四角形の椅子に

座って名前が呼ばれるのを待った。

 

「●●さん、こちらへどうぞ」

 

呼ばれた先は診察室ではなく

レントゲン室だった。

 

まだ、専門学校を卒業して2、3年のといった

若くて身体が細い男性スタッフが案内してくれた。

 

そこで、腰のレントゲンとMRIを撮った。

頼りなさそうなスタッフだったが、手際良く

誘導してくれたので直ぐに撮影が終わった。

 

そして、待合室で再び名前が呼ばれるのを待った。

 

「●●さん、診察室へお入りください」

 

「ハイ」

 

診察室に入ると、目の前に小太りで、

40代後半から50代前半だろうか、優しそうな

先生が笑顔で迎えてくれた。

 

「●●さんですね。●●先生からの紹介状を見ましたが

お尻が痛いんですね」

 

「そうなんですよ。でも、●●先生に見てもらった

直ぐに痛みが消えたんです」

 

「それは良かったですね」

 

「で、先生からヘルニアかもしれないって言わたんですけど

どうなんですか?」

 

「レントゲンやMRIで見る限りではヘルニアではないですから

●●先生のおっしゃる通り、尾てい骨の歪みだと思います」

 

「そうですか」

 

「これで、もう痛みが出ないと思いますから安心していいですよ」

 

「良かったです。ありがとうございます」

 

これで、お尻の痛みを気にせず生活できる。

痛みがないってなんて幸せなんだろう。

 

先生、本当にありがとう!

まとめ

椅子に座るとお尻(尾てい骨)が痛い場合、考えられる

原因は5つありました。

 

1:仙骨のゆがみ

2:仙腸関節のズレ

3:尾てい骨のゆがみ

4:梨状筋症候群

5:腰のヘルニア

 

もしも、椅子に座ってお尻が痛い場合

上記の5つのうちどれに当たるのか

簡単に分かる方法があります。

 

それは痛い場所です。

 

仙骨のゆがみであればお尻全体が痛くなります。

 

仙腸関節のズレであれば、左右どちらかのお尻の

上がピンポイントで痛くなります。

 

尾てい骨が痛い場合は尾てい骨やその付近が

ピンポイントで痛くなります。

 

梨状筋症候群は左右どちらかのお尻のくぼみ、

お尻の筋肉が痛くなります。

 

腰のヘルニアはお尻の真ん中(割れ目)から

尾てい骨にかけて痛みがでます。

 

この中で危険なのは腰のヘルニアです。

痛みを我慢して放置しておくと、腰痛や足にしびれが

出たり、ひどくなると歩くのも困難になります。

 

お尻の真ん中(割れ目)から尾てい骨にかけて

痛みがあり、せき・くしゃみで痛い、朝が痛い、

前屈で痛い場合はヘルニアの疑いがありますので

直ぐに病院で見てもらうことをお勧めします。

柔道整復師(国家資格)コツコツ前田からのメッセージ

坐骨神経痛について、施術家としてのこれまでの

経験をもとに説明させていただきます。

 

この記事に書いてあることは、あくまで個人的な

意見ではありますが、私は柔道整復師という国家資格を

持っています。また、医者、カイロプラクティックドクター、

アスレティックトレーナーからから15年間、学んできました。

 

私の資格や施術経験をもとに、坐骨神経痛で

悩んでいる方のお役に少しでも立てるように、できるだけ

分かりやすい記事を書くよう心がけています。

 

もしも、よく分からなかった場合には、どの部分が

よく分からなかったのか具体的に、ご指摘して頂けると

助かります。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

症状について詳しくはこちら

腰痛

関連記事