手術やリハビリで治る頚椎症性脊髄症とは?症状・原因について

  • 腕や手にしびれがある
  • 指が動かしづらい
  • 歩くのがぎこちなくなった
  • よくつまづくようになった
  • 高齢者に多い

頚椎症性脊髄症とは?

・頸椎(首の骨)や椎間板(首の骨の間のクッション)、

靭帯の変形や肥厚によって脊柱管内(背骨の中のトンネル)を

通っている脊髄が圧迫され、さまざまな症状をきたす疾患。

頚椎症性脊髄症の原因は?

加齢による頸椎や椎間板、靭帯が変形したり

肥厚することで発生します。

 

先天的に脊柱管が狭い場合でも脊髄症が

発生する場合があります。

 

脊柱管が狭いとその分、脊髄が通るトンネルが

狭くなるということなので、少しの頸椎などの変性でも

脊髄が圧迫されやすくなります。

頚椎症性脊髄症の症状は?

上肢の痛み、しびれ。

 

握力の低下。

 

手の巧緻作業がしづらくなる。

指が動かしづらくなるので、お箸を持ったり

ボタンをかけるなど細かい作業がしづらくなります。

 

歩行障害。

下肢の筋力低下はないですが、歩行がぎこちなく、

階段を使うときも手すりを必要とします。

 

膀胱直腸障害。

脊髄が圧迫されることで、膀胱や直腸にも影響が出て

頻尿や残尿感、尿の開始遅延などの症状が見られます。

症状について詳しくはこちら

頚椎症