恥骨痛があるとき、産後に骨盤矯正をしたほうがいいの?それとも産前?また、骨盤ベルトの正しい巻き方を教えて!

骨盤が痛み、出産後は歩くことも立ち上がることもつらく不安でした【産後の骨盤矯正】

前田先生には二人目の

出産の一ヶ月検診後に

お世話になりました。

 

一人目の時は

別のカイロプラクティックへ

行ってボキボキと施術

されたので、とてもこわい

イメージがあり、どこへ

行くか悩みましたが、

家族のすすめや

ホームページをみて

前田先生を選びました。

妊娠後期から

 

骨盤が痛み、

 

出産後は歩くことも

立ち上がることもつらく

不安でした。

 

前田先生は普段の生活での

姿勢のアドバイスをくれたり、

施術も痛みはなくとても

信頼できるため相談も

しやすくて、こちらを

選んで本当に正解でした。

 

今では上の3歳の子と

一緒に走り回っています。
もしまた出産の機会が

あったら次も絶対来ます!

 

よろしくお願いします。

足立美保子様

恥骨痛があるとき、骨盤矯正を受けるタイミング

妊娠中に恥骨痛がある場合は

出産する前に恥骨の歪みを

直したほうが出産が楽です。

(恥骨とはお尻の骨とその両サイドのある腸骨で

骨盤は構成されているのですが、その腸骨の前側、

おへその下当たりを言います)

 

恥骨の痛みがある場合は

産後の骨盤矯正をよりも、

産前の骨盤矯正を受けることを

お勧めします。

 

恥骨の痛みを我慢したまま出産した場合

「恥骨結合の離解」といって、

恥骨筋が緊張したり、恥骨が歪んだ状態で

出産すると、恥骨と恥骨をつないでいる

軟骨が離れてしまい、骨盤ベルトを着用して

くっつくまで、おへその下に痛みが走り続けます。

恥骨の痛みがある場合は産後の骨盤矯正よりも産前の骨盤矯正がベスト。

出産前から恥骨の痛みがあり、出産後に

 

「産後の骨盤矯正はいつから受けたら

いいのか分かりませんでした」

 

という質問をよく受けます。

 

「妊娠中に恥骨の痛みがある場合は

骨盤を矯正してから、骨盤ベルトで

軽くしめたほうがいいですよ」

 

と答えると

 

「えっ~~~~そうなんですか!?

知らなかったです」

 

という返事がよくあります。

 

妊娠中に骨盤ベルトでしめる

という考えが全くない方が多いです。

 

また、お腹が大きいために

腰痛になってしまうことがあるので

骨盤ベルトしめると腰痛予防に

もなります。

 

整骨院や接骨院で保険を使って産後の骨盤矯正は受けれるの?

接骨院・整骨院では保険で産後の

骨盤矯正は受けられません。

 

接骨院・整骨院で健康保険が使えるのは

急性の外傷のみです。産後の肩こりや

慢性の腰痛も保険は使えません。

(急性の外傷とは捻挫、

打撲、挫傷、骨折、脱臼です)

 

健康保険で産後の骨盤矯正を

受けたい場合は産婦人科なので

トコちゃんベルトなど

(トコちゃんのトコは出産や分娩のことです)

骨盤ベルトを着用してゆるんだ

骨盤の関節(仙腸関節、恥骨結合)を

しめて固定することになります。

産前・産後の骨盤矯正ベルトの選び方、正しい巻き方

産前・産後の骨盤矯正ベルトの選び

産前の骨盤矯正ベルトは

骨盤がゆるみ過ぎている方には

一重の軽めのベルトをお勧めします。

あまり強くしめすぎると母体や胎児を

圧迫してしまうからです。

 

ゆるみ過ぎていなければ

骨盤ベルトでしめることは

お勧めしません。

無理にしめすぎてしまうと

子宮が狭くなり出産時に影響を

及ぼすからです。

 

なぜ出産前に骨盤がゆるむかと

いいますと、妊娠後期は女性ホルモンの

関係で骨盤を固定している靭帯

(ゴムバンドの役割)が伸びるからです。

 

これは出産する前の準備として

子宮を広げるためです。

 

産後の骨盤ベルトは2重のベルトを

お勧めします。

理由は出産後半年は骨盤が

ゆるんでいるため強めにしめたほうが

骨盤が広がらないからです。

 

昔は産後に骨盤ベルトで

しめる習慣がありませんでした。

 

今は出産後、直ぐに骨盤ベルトを

しめる傾向にあるのですが、

骨盤が広がって下半身が太ったり、

むくんだりして体型が崩れてしまうとという

美意識の高い女性が増えてきて

からだと思います。

産前・産後の骨盤矯正ベルトの正しいしめ方

骨盤ベルトを買って巻いても

場所を間違えてつけている方が目立ちます。

 

骨盤ベルトの正しい巻き方は

ベルトの位置が必ずウエストの

骨盤の骨よりも下にこなければなりません。

(ウエストの骨盤の骨:腸骨の上部)

腰のコルセットのようにお腹に巻くと

骨盤の関節に当たらず、骨盤を

しめることができなくなります。

 

2重の骨盤ベルトの場合は

最初に骨盤をしめる場所(ウエストの下)を

確認してから巻いて、次に最初よりは

強めに巻いて骨盤を固定します。

そして骨盤ベルトの前の部分を下に下げて

お腹に引っかかるようにします。

 

そうすることによって骨盤ベルトが

上にあがってこなくなります。

 

同じ症状で悩むお客さまの声

産後2ヶ月で妊娠前の体形に戻らず、骨盤矯正でお腹がへこみお尻が小さくなりました<産後の骨盤矯正>

【産後の骨盤矯正を受けた患者さん】

産後2ヶ月で

 

骨盤ベルトで締めたり、

体操をしてもなかなか妊娠前の

体型には戻らず、妊娠前の

ズボンが着られなくなってしまい

 

骨盤整体に通おうと思いました。

 

口コミでコツコツ接骨院さんを選びました。

半信半疑で骨盤整体でよくならない

かもしれないと思っていましたが、

 

一回目の施術で、

施術前後の違いに驚きました。

 

お腹がへこみ、お尻が小さくなり、

骨盤を正すだけでこんなに違う

ものかと思いました。

 

骨盤ベルトをつけておけば必ず1ヶ月で締まる

 

という風に聞いて安心しました。

 

自宅でのベルトのつけ方を丁寧に

教えて下さり確実に少しずつ体形が

戻っていっている気がします。

 

産後の骨盤整体でコツコツ接骨院さんを

選んで正解でした。

 

これからもお世話になります。

松浦美佳様 春日井市 27歳

産前、産後と腰痛がひどい状態でしたが、1回の施術でだいぶ良くなりました!<腰痛>

産後の骨盤矯正と腰痛で来院しました。
初めは不安でしたが、受付の方、

先生がとても親切で、リラックスした

状態で施術を受けることができました。

 

産前、産後と腰痛がひどい状態

でしたが、1回の施術でだいぶ

良くなりました。

 

楽しく通院させて頂きます。

よろしくお願い致します。

春日井市 37歳

2週間もすると体の痛みはなくなり、通院2ヶ月後には妊娠することができました!『腰痛・骨盤矯正】

2人目以降、骨盤(骨格)がずれて

しまったようで、腰痛をかかえる生活を

していました。

 

3人目が欲しく、まずは

ゆがみを治して3人目を!!と

通い始めました。

 

2週間もすると体の痛みはなくなり、

施術の際に妊娠のつぼも押して

もらったおかげで、通院2ヶ月後には

妊娠することができました。

 

本当にありがとうございます。

 

体のゆがみも治り、希望の3人目も

でき、とても喜んでいます。

 

これから、出産までの間も

引き続きお世話になるつもりです。

 

無事産まれるまで、産後も、

宜しくお願いします。

 

頼りにしてます!!

春日井市 33歳

症状について詳しくはこちら

産後の骨盤矯正