産後の骨盤矯正

  • 骨盤が歪んでいるが気がする
  • よく足を組む
  • 横座りをする
  • 足の長さが違うと言われた
  • 骨盤ベルトをしないとグラグラする

なぜ骨盤矯正をするのか?

いろいろあると思います。

 

・歪みをなおすため

・足の長さをそろえるため、

・骨盤ダイエット

・内臓への圧迫を緩和するた

・安産のために

・O脚矯正のために

・姿勢を良くするために

 

私は“骨盤の動きの回復”のために骨盤矯正を行なっています。

決して歪んでいるから、ズレているからという理由だけで矯正は

しません。

 

骨盤が歪んではダメと誰が言ったのでしょうか?

 

完全なる左右対称(シンメトリ)の身体は存在しません。

 

逆に少し骨盤が歪んでいたほうが、その人にとってはベストな

状態もあると思います。

 

ぎっくり腰で身体を捻って来院される方がいますが

骨盤を傾けたほうが楽なのです。それを無理に真っ直ぐにして

しまうと逆に痛みが増加します。

 

骨盤の左右の動きが違うと骨盤に付着している筋肉の張力に

アンバランスが生じます。この逆もあると思います。

 

この状態が続くと、筋肉が骨に付着しているので関節に影響を

及ぼし、関節がロックされます。(滑膜関節では類半月状ヒダと

いう滑膜ヒダが関節内でかみ込んでロックされると言われている)

 

このロックを解除することが矯正だと思っています。

 

骨盤が歪んでいても、関節が正常範囲内で動いていれば

矯正はする必要はないってことです。

(正常範囲を超えて動いている場合はベルトなどで固定します)

 

骨盤の矯正ということは仙腸関節を動かすことなんですが、

専門的に言えば、腸骨を動かしても、仙骨を動かしても

仙腸関節が動くことには変わりありません。

 

でも、硬膜の捻れを考えると仙骨を

矯正したほうがいいような気がします。

産後の骨盤矯正ビフォーアフター

産後の骨盤矯正いつから?

出産後から直ぐに矯正は可能ですが、

最新の注意が必要です。

 

無理に行ってしまうと子宮付近や骨盤周辺、腰痛などが

起きますので、出産後の痛みが消えてから骨盤矯正を

行ったほうが安心です。

 

それまでは何もしないか、骨盤ベルトなどで矯正して

おいたほうがいいでしょう。

 

妊娠から出産後の骨盤の状態を説明します。

妊娠後期から出産時に分泌される“レラキシン”という

ホルモンによって骨盤の靭帯が緩み、骨盤の

関節(仙腸関節)の可動性が大きくなります。

 

出産後、24時間以内でレラキシンの分泌が止まり

骨盤の関節の硬化が始まるのですが、歪んだ状態で

硬化してしまったり、半年過ぎても硬化しない方がいます。

 

以前、手産後、恥骨結合(骨盤の前側)が不完全離解

してしまい、歩行困難な方を治療しましたが、恥骨が

結合するまでに半年かかりました。

 

安静にできればいいのですが、どうしても赤ちゃんに

抱っこしたり母乳をあげたりしなければならないので

どうしても、骨盤が動いてしまい緩んでしまいがちです。

 

産後は靭帯が緩み、骨盤の関節が可動性亢進して

いるので、骨盤の天然のコルセットの役割をする

インナーマッスル、腸骨筋、梨状筋が骨盤を固定を

するために過剰に働いて緊張しています。

 

そのため、腰やお尻、足のつけ根が痛くなることがあります。

 

産後の骨盤矯正は痛みが消えるまでは骨盤ベルトで固定し、

痛みが消えたら骨盤矯正を受けてもいいと思いますが、

個人的には産前の骨盤矯正をお勧めします。

(その理由は下記)

本当に産後の骨盤矯正は必要なの?

「産後の骨盤矯正は効果があるの?」

 

ってよくママから質問されます。

 

出産前後は女性ホルモンの関係で骨盤を固定している

靭帯が緩み、骨盤が広がっている状態です。

 

理由は分かりますよね。赤ちゃんが

出産しやすいように産道を広げるためです。

 

以前は出産後はトコちゃんベルトなどの骨盤ベルトは

しないで放置していましたが、今は直ぐにベルトを

巻いて骨盤をしめる傾向にあります。

 

それだけ、出産後の姿勢を気にするお母さんが

増えてきたって証拠ですね。

 

体型が変わるのがイヤですからね。

 

私がオススメするのは、産後の骨盤矯正ではなく産前の

骨盤矯正です。

 

なぜかというと妊婦の患者さんが出産前に

骨盤を矯正してもらうと出産後も骨盤が緩みにくく

姿勢・体型が出産前とあまり変化しないんです。

 

出産後ベルトで骨盤をしめても妊娠中に

何もしていなかったら筋肉が落ちているので

骨盤がしまりにくいということです。

産後の骨盤矯正ベルトは効果はあるの?

効果はあります。

 

ただ、ベルトを長い間固定し続けると骨盤周りの

筋肉が落ちてしまいます。

 

あくまでも骨盤の関節がしまるまでで私はいいと

思っています。(しっかり固定できる2重式の

骨盤ベルトで1周間から2週間ぐらい)。

 

骨盤の関節がしまったら骨盤を固定する

筋肉(インナーマッスル)である

腸腰筋(ちょうようきん)と梨状筋(りじょうきん)を

鍛えます。

 

体幹トレーニングやバランスボールなどで

鍛えられます。

 

また、筋肉が脂肪を燃焼するので骨盤の周りに

ついたぶよぶよの脂肪も燃焼してくれます。

 

出産後は緩んだ骨盤も3~4ヶ月すれば自然に

閉まります。

 

ただ、固い床や地べたにお尻をつけて座ったり、

横座りすると骨盤を形成しているお尻の骨(坐骨)を

通して、下からの力(床反力)が加わり骨盤をゆるませる

原因となります。

産後に骨盤が歪む3つ原因と矯正法

腰の反りすぎ

産前に軽度な運動をしていないと産後は、

どうしても腹筋が落ちてしまいます。

 

そのためお腹が前に出てしまい腰が

反り過ぎる傾向になります。

 

また、お腹の前で抱っこする回数が多くなったり

赤ちゃんの体重が増えてくると腰が反ってきます。

 

自分の腰が反っているかどうか分からない場合は

床に寝てみて両手を腰の下に入れてみて下さい。

この時に両手がスッポリ入る方は腰の反り過ぎです。

 

また、長時間立っていると腰の真ん中が痛くなることが

多いママもの腰が反り過ぎている可能性が高いです。

 

腰が反るということはお腹が斜め前に向くために

腰椎と連動している骨盤も同じ方向を向くため、

歪む原因となります。

運動不足による骨盤底筋群、腹筋の低下

産前、産後は体重の増加や育児で忙しいので

意識をしないと、運動を全くしないか、もしくはすることが

少なくなります。

 

特に女性ホルモンによって骨盤を固定している靭帯が

緩むために、骨盤を支えている骨盤底筋群、骨盤を固定している

インナーマッスルで、上記でも述べましたが腸腰筋、梨状筋が

弱いと骨盤の関節である仙腸関節がゆるみ、骨盤の傾斜が

変わりやすくなります。

 

背筋は寝ている以外は働いているので、直ぐに落ちることは

少ないのですが腹筋は踏ん張ったり、力を入れる以外は

使わない筋肉なので鍛えておかないとどんどん落ちていきます。

 

よって骨盤周辺の筋肉が低下することによって

骨盤や腰がしっかり固定されにくくなり歪みの

原因になります。

腰椎と股関節のゆがみ

骨盤と腰椎はつながっているので、どちらか一方が

歪めが、もう一方も歪みが生じます。

 

骨盤の歪みがないから大丈夫と思っても

腰が歪んでいる場合は必ず骨盤に影響を与えます。

 

また骨盤と連動している股関節も歪んでいると

骨盤の関節である仙腸関節に影響を与えます。

 

つまり歪んだ骨盤を矯正しても、腰椎や股関節が

ずれたままであれば、直ぐに骨盤が歪んでしまい

元に戻ってしまうことになります。

 

実は骨盤のゆがみは腰椎や股関節だけでなく

偏平足や胸椎、頸椎、後頭骨のゆがみも影響します。

 

足は身体の土台となるため、足のアーチがなくなる偏平足

になると身体のバランスが不安定になり、骨盤も不安定に

なり歪みの原因になります。

 

骨盤は背骨とつながっているので、背骨である腰椎

胸椎、頸椎にゆがみがあると骨盤のゆがみにつながります。

 

また、頭の位置が身体の中心線よりも前後左右にずれて

位置していると、ボーリング一個分の重たさ、約5kgあるので、

足と同様に身体のバランスが悪くなり、その代償作用として

骨盤がゆがむことになります。

骨盤の歪みが改善する矯正方法

骨盤が歪んでいる姿勢の多くは

腰が反ってお腹が出ている状態です。

 

産後は骨盤周囲の筋肉、腹筋が低下したり、また赤ちゃんを

お腹の上で抱っこするために上記の姿勢になりやすいです。

 

整体で骨盤や腰の骨である腰椎を矯正することによって

骨盤の角度や腰椎のカーブを変えることができます。

 

矯正のポイントは骨盤である仙骨の矯正と

腰椎の5番と1番の矯正が効果的です。

 

整体で治療して改善する場合は、先生の矯正技術に

よって変わってきます。ベッドで横向きになって

腰を捻ってボキボキするような単純な矯正では根本的には

改善されません。ピンポイントで矯正することができる

技術が必要になります。

 

特に仙骨を手技で矯正する技術はとても難しいので

矯正経験が少ない先生にはハードルが高いと思います。

 

産後の骨盤矯正を受けたいママは整体の先生の経歴や

レベル、臨床数、患者様の声などを参考にして、しっかり

見極めて判断することをお勧めします。

まとめ

骨盤矯正で一番重要なことは、歪んだ骨盤を

正しい位置に正確に矯正することです。

 

この正しい位置に正確に矯正する技術は

とても難しいです。

 

素人の方には分かりづらいかと思いますが

専門の先生が見れば、矯正が上手い先生なのか

どうか見れば直ぐに分かります。

 

骨盤矯正のプロかどうか、素人の方が見極める

方法は、まず骨盤の状態がどうなっているのか、

検査しているかどうかです。

 

そして歪んだ骨だけに手を当ててピンポイントで矯正するので、

ボキボキとたくさん骨が鳴ることはありません。

 

ボキボキと骨がたくさん鳴ってしまうということは

狙った骨を矯正しないことになります。そのため歪んでいない

骨までも矯正することになり悪化することもあります。

 

毎回、何も検査もせず、骨盤も触らず、足の長さだけを

チェックして

 

「骨盤が歪んでいるから矯正しますね」

 

「足の長さが違いますから骨盤を矯正しますね」

 

と患者さんに声をかけ、直ぐに同じような態勢で

矯正をしている場合は注意が必要です。

産後の骨盤矯正の症例

産後の骨盤矯正を受けにきてくれた方です。

 

産後は女性ホルモンの影響で靭帯が緩んでますので

骨盤だけでなく背骨も歪みやすくなります。

 

この患者さんは、同じ体勢を維持しているとき、寝ながら

母乳をあげているとき、仰向けで寝ているときに背中が

痛いそうです。

 

背中の痛みも右側は針が刺すような痛みで、左側が

重だるい痛みです。

 

骨盤矯正と骨格矯正でできるだけ身体に負担が

かからないように姿勢を改善しました。

産後の骨盤矯正 春日井市 (2016年7月29日)

産後の骨盤矯正で見えた患者さん。

 

毎朝起きると肩や腰も痛くなり姿勢も

矯正してほしいとのこと。

 

小さな子供さんも2人いて忙しいので、

短期集中的に施術させて頂きました。

 

数回の施術で痛みが軽減され、これで

もう少し姿勢が良くなればオッケーです。

産後の骨盤矯正 春日井市 (2016年7月9日)

産後の骨盤矯正で見えた患者さん。

 

骨盤がなんとなく歪んでいることは分かって

いるけど実感がないとおっしゃっていたので、

写真で確認してもらいました。

 

完全に右のお尻が上がってましたね。

治療後はバッチリ下がってました

柔道整復師(国家資格)コツコツ前田からのメッセージ

産後の骨盤矯正について、施術家としてのこれまでの

経験をもとに説明させていただきます。

 

この記事に書いてあることは、あくまで個人的な

意見ではありますが、私は柔道整復師という国家資格を

持っています。また、医者、カイロプラクティックドクター、

アスレティックトレーナーからから15年間、学んできました。

 

私の資格や施術経験をもとに、産後の骨盤矯正で

悩んでいる方のお役に少しでも立てるように、

できるだけ分かりやすい記事を

書くよう心がけています。

 

もしも、よく分からなかった場合には、どの部分が

よく分からなかったのか具体的に、ご指摘して頂けると

助かります。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

同じ症状で悩むお客さまの声

産後一年、痛みは感じていたけれど、 ごまかしごまかし過ごしてきました<産後の骨盤矯正>

産後一年、痛みは感じていた

けれど、ごまかしごまかし過ごしてきました。

 

けど、先日ついに動けなくなり

ネットを見て来院しました。

 

初めて接骨院に不安はありましたが、

前田先生の分かりやすい説明と確かな施術で

一回目から施術前の体との違いを実感し、

 

思わず嬉しくて泣いてしまいました。

 

「たくさん頑張っていたんですね。

もう大丈夫ですよ。治りますよ。」

 

と言ってくださって安心感

大きかったです。

 

これからの治療もよろしく

お願いします。

 

森尚子様 30代 産後の骨盤矯正

産後一か月程で、まだ痛みが強く出る前に伺いました<産後の骨盤矯正>

産後の骨盤矯正をお願いしました。

 

産後一か月程で、まだ痛みが強く

出る前に伺いました。

 

どこがどのように歪んでいるか、

普段の私生活でどうしたら良いか、

ベルトの正しい付け方等、とても丁寧に

わかりやすく教えて頂きました。

 

何回の通院で治るかも教えてくれたので、

いつ治るんだろうという不安もなく、完治に

向けて治療を頑張ろうと思えました。

小池千景さん 春日井市 28歳

産後2ヶ月で妊娠前の体形に戻らず、骨盤矯正でお腹がへこみお尻が小さくなりました<産後の骨盤矯正>

【産後の骨盤矯正を受けた患者さん】

産後2ヶ月で

 

骨盤ベルトで締めたり、

体操をしてもなかなか妊娠前の

体型には戻らず、妊娠前の

ズボンが着られなくなってしまい

 

骨盤整体に通おうと思いました。

 

口コミでコツコツ接骨院さんを選びました。

半信半疑で骨盤整体でよくならない

かもしれないと思っていましたが、

 

一回目の施術で、

施術前後の違いに驚きました。

 

お腹がへこみ、お尻が小さくなり、

骨盤を正すだけでこんなに違う

ものかと思いました。

 

骨盤ベルトをつけておけば必ず1ヶ月で締まる

 

という風に聞いて安心しました。

 

自宅でのベルトのつけ方を丁寧に

教えて下さり確実に少しずつ体形が

戻っていっている気がします。

 

産後の骨盤整体でコツコツ接骨院さんを

選んで正解でした。

 

これからもお世話になります。

松浦美佳様 春日井市 27歳

関連記事