腰痛

病院でも腰痛が治らないあなたへ

  • どこへ行っても治らない
  • お風呂に入ったりマッサージしても一時的には良くなるが直ぐに元にもどる
  • 朝起きると痛い
  • 立ったり、座ったりする時に痛みが走る
  • 長時間、同じ姿勢でいると腰の筋肉がかたくなって動けない

どこへ行っても良くならない腰痛って?

どこへ行っても改善しない腰痛の方って

本当に多いと思います。

 

では、なぜ、改善しないのでしょうか?

 

答えは簡単です。

 

腰痛の根本的原因が分かっていない

からです。

 

腰が痛いから、そこが原因と思っている方が

非常に多いからです。

 

もしも痛みと原因が一致する場合は、

例えば腰を急に捻ったとか

重たいものを持ち上げた時に痛めたとかの

場合は考えられます。

 

ですが、数か月前から痛い、一年以上

前からずーっと痛い人が、もしも腰に

原因があるとしたら、治療やリハビリで

たぶん改善していると思います。

 

慢性腰痛の方は、痛い部分に原因が

あると思っている限り改善しません。

 

人間には自然治癒力といって

怪我をしたら、かさぶたができて

回復していきます。

 

急性であれば安静にしたり、冷やしたり、

固定したりすればほとんどの場合は

改善していきます。

 

慢性であれば

この自然治癒力が働いてないという

ことになります。つまり、慢性の腰痛は

二次的な原因で痛みが出ている

ことになります。

 

慢性の腰痛には、必ず痛みのきっかけ

となるパターンやくせがあります。

 

それが日常生活や仕事、姿勢などに

隠されているわけです。

実際に施術を受け腰痛が解消した方々の感想

まだ3回しか通っていませんが、あの時の 痛さがほとんどない状態まで回復しました<腰痛・ヘルニア>

『コツコツ』さんに行くきっかけになったのは、テニスで腰を痛めてしまったことです。彼に春日井で評判がいい所はないかしらべてもらった所、『コツコツ』さんがよさそうだよ!!って事で通い始めました。接骨院自体が初めてな私に、前田先生は絵を描いて説明してくれたのでとてもわかりやすく軽いヘルニアだと言われたときは不安でしたが『良くなるから大丈夫』と言って施術をしてもらいました。まだ3回しか通っていませんが、あの時の痛さがほとんどない状態まで回復しました。毎回行くたびにビックリするのが少し触ったりするだけで、変化が直ぐに実感できることです。

小川香織様 春日井市 34歳 会社員

あんなに痛かったのに、起きたら ほとんど痛みなし!!<腰痛>

今までにない腰の痛みを感じ、不安になりネットで検索していたら前田先生のHPに出会いました。口コミを見て、ここだ!と直観を感じてお願いしました。こちらの話をよく聞いてくれて、今の私の状態を丁寧に説明していただきました。先生の「そんなに重い症状じゃないから大丈夫だよ」のひと言で安心しました。実際に施術して帰る時、かなり楽になりました。ビックリしたのは翌日のほとんど痛みなし!朝!!あんなに痛かったのに、起きたらほとんど痛みなし!!これからもよろしくお願いします!!

男性 春日井市 43歳

腰痛施術のビフォーアフター

日常生活での腰痛の原因

生活習慣で腰痛がよくでる方は必ず

痛くなるパターンがあります。

 

例えば、

 

・子供を抱っこした時

 

・掃除機をかけている時

 

・お風呂掃除をしている時

 

・洗濯物を干している時

 

・布団を持ち上げた時

 

・朝、急に布団やベットから起き

上がった時

 

・階段を上ったり、下りようとした時

 

・草取りをしている時

 

などで痛めることが多いです。

 

痛みを忘れてしまうと、つい動きすぎて

無理をしてしまい腰痛を再発することが

多いです。

 

自分がどの動作をしたら腰痛に

なりやすいのか把握しておくことが予防に

つながります。

仕事での腰痛の原因

仕事での姿勢が一番大きいと思います。

 

・パソコンでの事務作業の姿勢

・営業で運転での姿勢

・同じ姿勢での作業

 

など、どうしても仕事に

あわせて姿勢を変えていかなければ

ならないのでどうしても腰に負担が

きやすい状況になります。

 

仕事をしているときは集中しているので

腰痛であることを忘れていることが

多いです。

 

なので、注意する必要があります。

姿勢による腰痛の原因

姿勢が悪いのは、自分で気づていない

場合が多いです。

 

腰痛の多い姿勢は

腰が反って、背中が丸くなって

顔が前に突き出している姿勢です。

 

パソコンを見ているような姿勢ですね。

 

背骨は緩やかなS字カーブを

描いていますが、そのカーブが

大きくなると腰や首への負担が

大きくなり痛みが伴います。

 

よく胸を張れば姿勢が良くなると

言われていますが、これは逆であり

お腹を少しへこませておくだけで腰痛に

なりにくい姿勢に変化します。

 

意識があるときにお腹を凹ませて

おくだけで腹筋はつきますので

運動や筋トレをしなくても大丈夫です。

コルセットはしたほうがいいの?

コルセットをつけるかつけない基準は

痛みがあるかないかで決めてもらえれば

いいかと思います。

 

痛みがあればつけて

痛みがなければつけない。

 

もしどちらか分からない場合は

つけてもらったほうがいいでしょう。

 

ただ、長くつけていると

腰周辺の筋肉が落ちてしまい

外せなくなってしまいます。

 

痛みが引いてきたら

腰に負担がかかない時間帯は、

外していき、腹筋など腰周辺の筋肉を

少しずつつけていくことが重要になります。

 

但し、いきなり腹筋などやって鍛えると

再発する可能性が高くなるので

注意して下さい。

運動・ストレッチはいつからやればいいいの?

痛みがあるということは

炎症があるということです。

 

つまり体の中で火事が起きている

状態です。

 

この場合、身体の消防車が

火を消すために患部に水分が

集まるのが腫れです。

 

ですので、痛みがあるときに

運動やストレッチをするということは

火に油をそそぐことになりますので

控えたほうがいいでしょう。

 

もし痛みが引いて、運動やストレッチをした

後に再発した場合は、まだやるべき時期では

ないと思ってください。

お風呂などに入って温めたほうがいいの?

日本人的考え方ですと

どうしても痛いとは温めたほうがいいという

温泉などに入っていいという考え方が

あります。

 

痛みは炎症を起こしていて

コリは主に血行障害です。

 

ですので痛みがなくて、肩や腰が

こっている、はっている、疲れている

場合は温めることによって血行が良くなり

蓄積していた疲労物質がとれスッキリする

することが多いです。

 

痛み=炎症ですので

お風呂に入る、温湿布はダメです。

たとえ、寒い冬の時期でもです。

いつもの腰の痛みだからといって、毎回、同じ原因であるとは限りません

慢性的な腰痛で悩んでいる方は

いつもの腰の痛みだから、いつもの施術で

改善すると思っていませんか?

 

実はこれが大きな落とし穴です。

 

症状が同じでも、毎回、同じ原因で

あるとは限りません。

 

なので、同じ痛みで同じ施術をしても

原因がいつもと違えば症状が変化、

もしくは、ひどくなることがあります。

 

そこで何が大切になってくるかと言いますと

施術前の検査が大事になってきます。

 

脳疾患や内臓疾患でなければ

いろんなテストを行えば、根本的な原因が

何なのか見えてきます。

 

特に毎回、同じ症状で通っている方が

ちょっと間を開けて来て頂いた時に

 

「先生、いつものように腰が痛くなりました」

 

と言ってしまうと先生も鵜呑みしてしまい

テストをせずに施術をしてしまうことが

あります。

 

期間が開いてから、伺う場合は

いつもの腰の痛みであっても先生にテストを

して確認してもらうことが大切です。

 

先生も人間ですから、時に忘れて

しまうことがありますので、直ぐに施術に

入った場合は

 

「先生、久しぶりですので

一度よく見てもらえませんか?」

 

と勇気をもって伝えましょう。

施術で腰痛が悪化するケースとは 、多くが強い刺激を受けたときです。

こりがすごいからといって強くもまれたり

骨盤や背骨が大きくゆがんでいるからと

いって強くて痛みを伴う骨盤矯正や

背骨矯正を受けた時に悪くなることが

よくあります。

 

痛いのが効くと思って我慢される方が

多いですが、そんなことはありません。

 

痛くなくても施術効果は十分出ます。

 

よく

 

「痛いくらいのマッサージが効く」

 

という方がいますが 、

痛いマッサージで、痛みが緩和する場合は

痛い施術から解放され、脳が楽と感じることが

多いからです。

 

「マッサージしてもらった時は気持ちよかった

けど施術院から出る時や、家に帰ってから

痛くなった」

 

って経験ありませんか?

 

いわゆるもみかえしだと思うのですが

痛い場所を押さえられて気持ちいと

先生もつい力が入ってしまって

施術が強くなる傾向があります。

 

先生も悪気があって強くマッサージしている

のではなく患者さんのためを思って

施術しているわけですが、ちょっと

その想いが強くなってしまった、もしくは

経験がたりなかっただけだと思います。

もみかえしではなく、しびれが出た場合はどうすればいいの?

しびれはもみかえしよりもやっかいです。

 

なぜなら、しびれるということは神経を

圧迫している可能性が高いからです。

 

施術で痛みはとれてもしびれが

出てしまった場合は直ぐに施術してもらった

施術院に連絡して状況を伝えて下さい。

 

しびれが強い場合は整形外科などの

病院で見てもらったほうがよい場合も

あります。

 

考えられることは、骨盤矯正や

骨格矯正が強すぎて椎間板ヘルニアに

なってしまったり、骨と骨の隙間が狭くなって

そこから出ている神経を圧迫してしまう

椎間孔狭窄症が考えられます。

 

もしくは、背中を強く押されてしまって

肋骨や肋軟骨などを骨折、もしくは

ひびが入ってしまった場合は施術する

前までは痛くなった脇腹に痛みが出ます。

 

この場合は呼吸をしたり、体を捻るだけでも

痛みが出ます。

院長からのメッセージ

腰痛について、施術家としてのこれまでの

経験をもとに説明させていただきます。

 

この記事に書いてあることは、あくまで

個人的な意見ではありますが、私は

柔道整復師という国家資格を持っています。

 

また、医者、カイロプラクティックドクター、

アスレティックトレーナーからから15年間、

学んできました。

 

 

私の資格や施術経験をもとに、腰痛

悩んでいる方のお役に少しでも立てるように、

できるだけ分かりやすい記事を書くよう

心がけています。

 

もしも、よく分からなかった場合には、

どの部分がよく分からなかったのか具体的に、

ご指摘して頂けると助かります。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。