立ったり座ったりの時の痛みだけでなく、歩く時も痛くて、このままでは旅行も行けなくなると自分で暗くなる時もありました<変形性膝関節症>

半年くらい前から膝痛を感じ、

整形外科で変形性膝関節症と

診断され、ヒアルロン酸の注射や

シップなどしてきましたが、あまり

よくならず立ち仕事のせいか

ここのところひどくなる一方でした。

 

立ったり座ったりの時の痛みだけでなく、

歩く時も痛くて、このままでは旅行も

行けなくなると自分で暗くなる時も

ありました。

 

ワラをもつかむ気持でコツコツ接骨院を

訪ねました。先生は私の足を少し見て、

膝を中心にねじってるから炎症をおこして

痛いんだね。とおっしゃって、施術して

くれました。
1回の施術で歩くときの痛みが消えました。

私がまず最初に思ったことは、旅行に行ける!

でした。

 

そして次に「先生すごい」でした。

先生2番目でごめんなさい。
そしてその日の帰り、先生があと2回ぐらいで

治るよとおっしゃいました。
本当にうれしかったです。最初の痛みが

10としたら1回目の治療で5ぐらいになりました。

 

人それぞれ痛み方や原因は違うと思いますが、

整形の注射やシップでよくならない私のような方は、

一度試してみてもいいと思いますよ。

杉本弘子様

■先生からのメッセージ

写真

杉本弘子さんへ

 

膝を痛めている方に対して元気を

与えてくれるコメントありがとうございます。

 

変形性膝関節症は歩くたびに痛みが

出るので本当につらかったと思います。

 

整形外科でヒアルロン酸や湿布をすれば、

ひどくなければ直ぐに良くなるのですが、

良くならかったということは、よっぽど

ひどかったのだと思います。

 

変形性膝関節症は膝のクッションの

役割をしている軟骨がすり減って骨が

変形します。

 

そして膝の骨と骨がぶつかって炎症し

痛みが出ると言われています。

 

杉本さんの場合は、体重の急激な増加や

骨盤の歪みによって足の長さが変わり、膝に

負担のかかる歩き方になっていたことが

根本的な原因だと思われます。

 

当院独自の検査でも、そのような結果が

でましたので間違いないと思います。

 

体重は一気に落とすことはできません。

そこで骨盤の歪みによって膝の関節が

ねじれていたので、そこを中心に治療

させて頂きました。

 

ちょうど足全体が膝を中心に雑巾絞りの

ようにねじれていた状態です。

 

根本的な原因が分かれば痛みを取ることは

難しくありません。しかし心配なのは良い状態を

維持することはとても難しいです。

 

体に悪い癖があると、治療しても直ぐに戻って

しまいます。ですから短期集中的に通って

もらうことで骨盤の歪みを一時的ではなく

根本的に解消し、膝のねじれがなくなれば

再発しないような体になります。

 

頑張って通院して頂いたおかげで

膝の痛みもほぼなくなり、これで楽しみに

していた旅行にいけますね。

 

歩き方も初診日に比べればウソのように

スムーズに歩いていました。 でも、油断は禁物です。

 

完治してはいないので、また無理をすると

痛みが出ます。車や歯の定期健診のように

定期的に膝のメンテナンスをしていけば再発率が

下がります。

 

理想は月に2回ですが、最低でも月に1回

通って頂ければ、再発しにくいので旅行から

帰ってきましたら、直ぐに来てくださいね。

 

きっと歩きすぎて膝が疲れていると思いますから。

いつも来院して頂きありがとうございます。

変形性膝関節症について

同じ症状でお悩みのお客さまの声

散歩中に足の裏、かかと、膝を痛めた70代患者さんの声(動画)
膝の痛みで来院した患者さん『変形性膝関節症』
膝が痛くて、眠れなかった患者さん『変形性膝関節症』